SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日立東日本ソリューションズ、金融機関向け時価会計対応パッケージを提供

信用コストを加味した金融商品明細ベースの現在価値算出が可能に

現在、金融機関では、2008年3月に企業会計基準委員会(ASBJ)より公表された金融商品に関する会計処理の改定、「金融商品に関する会計基準(改正企業会計基準第10号)」および「金融商品の時価等の開示に関する適用指針(企業会計基準適用指針第19号)」に準拠し、2010年3月31日以降終了する事業年度の年度末に係る財務諸表から、上場企業は預金・貸付金・借入金等の金銭債権債務を含む金融商品全体の時価の開示を求められるようになっている。

これに伴い、多くの金融機関では、現在時価を算出している既存のALM(総合資産負債管理)システムの改造や、時価会計対応用の別システムの導入等が必要となるとのこと。

日立東日本ソリューションズは、これまで多くの金融機関においてALMシステムや信用リスク管理システムの構築実績をベースに「キャッシュフロー対応方式(DCF方式)」と「割引率対応方式(スプレッド付与方式)」の2種類の時価会計算出手法をサポートするパッケージシステムを開発。本パッケージでは、日立製作所のALMシステムである「NETALM」等、既存のシステムを拡張する方式で、短期間で導入できるという。

本製品は、既に地方銀行など6行への導入が決まっており、同社では、今後1年間で全国の金融機関10行以上へ導入を見込んでいるとのことだ。

【関連URL】
・製品紹介ホームページ
 http://www.hitachi-to.co.jp/products/finance/

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1987 2009/11/12 16:28

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング