SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ソフトウェアアーキテクチャ分析ツール「Lattix 4.0」リリース

 テクマトリックスは21日、ソフトウェアアーキテクチャ分析ツール「Lattix」の新バージョン4.0を発売開始した。

 LattixはJava、.Net、C/C++アプリケーションのアーキテクチャや、OracleやSQLのデータベースのアーキテクチャを分析し、構成要素の依存関係をマトリックス形式で表示するツール。ベーステクノロジとして古くから製造業(ボーイング社やBMW社)などで活用されてきたアーキテクチャ分析手法である「DSM」(Dependency Structure Matrix)を使用している。作成したマトリックスを分析・操作することで、アーキテクチャの設計やアーキテクチャの最適化、コーディング、コードの修正、リファクタリングすることができる。

Lattix マトリックス表示画面
Lattix マトリックス表示画面

 今回のバージョン4.0ではSQL 2005サーバのデータベース分析が可能になり、複雑に絡み合ったエレメントを可視化することができる。また、タグ機能が強化され検索結果、影響度分析結果、レポートなどをタグ付けして保存できるようになった。

 価格は598,000円で保守サービスも含まれている。詳細はテクマトリックスの製品紹介ページを参照のこと。

 
【関連リンク】
Lattix トップページ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

松藤 壯太(編集部)(マツフジ ソウタ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/344 2008/04/23 17:07

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング