SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アシスト、BIプラットフォーム「WebFOCUS」の新バージョン8を発表

ワンソース・マルチデバイス対応やポータル機能を強化

「WebFOCUS」は、経営層から現場の業務担当者まであらゆるユーザが全社規模で幅広く情報を活用するための仕組み「オペレーショナルBI」実現するツールだという。また、社内での情報活用だけでなく、顧客やパートナーまで情報の提供先を広げ、企業が情報活用によって顧客満足度の向上や競合他社との差別化を図ることができる「カスタマー・ダイレクトBI」を新コンセプトとして掲げ、より幅広い分野での情報活用基盤構築を支援するとしている。

バージョン8では、新たにHTML5に対応し、開発時に作成した1レポートをiPadなどのタブレット端末やスマートフォンなどあらゆるデバイスに配布可能な「ワンソース・マルチデバイス」を実現したという。また、自由検索機能を提供する「インフォアシスト」は、より複雑なレポートやグラフを作成するために機能強化されたことに加え、ユーザ自身が必要なレポートを組み合わせ美しく洗練されたポータルとして活用できるポータル機能も強化されたという。

さらに、セキュリティ面でも、リポジトリ・データベースによる管理となり、リポジトリ内のすべてのリソースに対してロール・ベースによるアクセス制御が可能になるなど、「WebFOCUS」を利用した情報活用環境が改善されたとしている。

■製品の詳細
http://www.ashisuto.co.jp/prod/webfocus/

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/4261 2012/09/27 11:02

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング