SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SAS、探索的データ分析ソフトウェアの最新版「JMP 12」を発表

 「JMP」は、日本では1990年に販売が開始されて以来、主に製造業の品質管理やデータ分析を行う部門、医師、大学および公共の教育、研究機関で利用され、2001年から「JMP」の日本語版が投入されている。

 「JMP 12」では、データ分析における前処理作業がより簡単になり、時間も短縮されるとしている。「JMP 12」の主な新機能は次のとおり。

  • クエリーの繰り返し実行と共有をプログラミングなしで可能にするクエリービルダー
  • データのクレンジングをより効率的に行なうためのユーティリティやオプション
  • モデルの作成や比較をドラッグ&ドロップで実現するビジュアルモデルビルダー
  • JSLに追加されたコンテナにより、1つのグラフで選択をして別のグラフのデータをフィルタリングできる選択フィルタ
  • レポートやグラフをMicrosoft PowerPointへ直接エクスポートでき、プレゼンテーションの作成がより簡単に
  • バブルプロットとプロファイルで、インタラクティブHTMLへの出力が利用可能に
  • 破壊劣化、工程能力分析、多重対応分析(MCA)の各分析プラットフォーム、また選択モデルに多選択プロファイルと確率プロファイルの追加

 また、「JMP Pro 12」の主な新機能は次のとおり。

  • 被覆配列プラットフォームが追加され、ソフトウェア、回路およびネットワーク設計においてコストと時間を最小化する実験を生成可能
  • 信頼性ブロック図の機能が拡張され、複数のコンポーネントから構成されるシステム全体の信頼性をインタラクティブに分析可能
  • PLS判別分析(PLS-DA)により、PLS回帰でカテゴリカルの応答をあてはめることが可能
  • 一般化回帰や混合モデルにおいて、他の多くのモデリングプラットフォーム同様にパフォーマンスが向上

 なお、SASでは、「JMP 12 新機能紹介セミナー」を4月15日(水)にSAS Institute Japan本社(東京)で開催する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6685 2015/03/25 12:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング