EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ティントリジャパン、仮想化専用ストレージ「Tintri VMstore」がXenServerに対応

  2016/03/04 14:15

 ティントリジャパンは、仮想化専用ストレージ「Tintri VMstore」に対応するハイパーバイザーとしてCitrix XenServerを追加したことを発表した。Citrix XenServerをサポートする「Tintri OS 4.1」は、「Tintri VMstore」に標準搭載される。

 今回の追加により、Citrix XenServerユーザーは「Tintri VMstore」で次の機能が利用可能になるという。

  • 仮想マシンごとの稼働状況の可視化
  • エンドツーエンド(サーバー、ネットワーク、ストレージ)での遅延時間の可視化
  • 仮想マシンごとのQoSの自動化
  • 仮想マシンごとのパフォーマンス保証(IOPSの下限値(MIN)と上限値(MAX)を個別に設定)

 ティントリは、創業時よりVMware vSphereの仮想マシンを最適化させるストレージを提供しており、ハイパーバイザーのサポート範囲をRed Hat Enterprise Virtualization(RHEV)、Microsoft Hyper-V、さらにはOpenStack Cinderに広げてきた。

 そして今回、Citrix XenServerのサポートを追加したことで、業界で最多となる最大5種類の異なるハイパーバイザーを1つのプラットフォームで同時に混在稼働させることが可能となった。

 このユニークな機能により、マルチハイパーバイザーのワークロードごとにストレージをそれぞれ用意する必要がなくなり、仮想化基盤を集約し、ハードウェア投資を最小限に抑え、統一したビューの画面で運用管理を⾏うことができるという。

 マルチハイパーバイザーのユースケースとして、次のような環境を想定しているという。

  • クラウド基盤として利用する際に、ユーザーごとに利用するハイパーバイザーが異なる
  • 部門やワークロードで異なるハイパーバイザーを利用している
  • シャドーIT対策としてIT部門のインフラ基盤で運用させる
  • 本番環境とテスト環境でハイパーバイザーが異なる

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5