SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ALSI、情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」に「自動暗号化フォルダーオプション」

 「InterSafe ILP」は、「重要情報の保護」「外部デバイスへの不正持ち出し防止」「持ち出し後のファイルの安全な活用」「送信データの情報漏洩防止」をオールインワンで実現するシリーズ製品群。5つの製品で構成され、必要な対策を選択し、自在に組み合わせて利用することができるという。

 今回、「InterSafe IRM」のオプション機能として「自動暗号化フォルダーオプション」を追加する。これまでのファイル単位の暗号化機能に加え、「自動暗号化フォルダー」機能を追加することで、より柔軟な運用を実現するとともに、情報漏洩対策の強化を図ることができるとしている。

 「自動暗号化フォルダー」機能は、ファイルサーバやクライアント端末内の「自動暗号化フォルダー」に平文のファイルを保存するだけで、自動的にファイルを暗号化し、閲覧権限を付与する。ファイル単位で暗号化されるため、フォルダーから取り出しても暗号化状態や閲覧権限が保持される。

 例えば、機密情や個人情報など、保護したい情報を含むファイルを「自動暗号化フォルダー」で作成した共有フォルダーで管理することで、ユーザが特別な操作をすることなく、特定のフォルダーに入れるだけで、容易かつ確実に情報漏洩対策を講じることができる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8313 2016/07/27 14:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング