SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

インサイトテクノロジー、次世代SSD規格NVMe採用のデータベース向けフラッシュサーバーの最新モデル

 新モデルでは、最新のインテルXeonプロセッサーを搭載し、データベースのパフォーマンス向上の最大のキーであるIOボトルネックの大幅改善を狙い、ストレージには次世代SSDの接続規格であるNVMeを全面的に採用した。インサイトテクノロジーが測定した結果、従来のSAS2 SSD採用モデルと比較し、スループットが5倍以上、かつIOPSが13倍高速という結果となった。

 新モデルでは、データベースのパフォーマンス向上、信頼性、拡張性を備えたラック型サーバーを提供する(インテルXeonプロセッサーE5-2600 v4ファミリー2基を搭載、最大44コア)。また、NVMe準拠2.5インチドライブのストレージを最大8枚搭載可能になる。ホットスワップも可能にし、優れたパフォーマンスを提供するほか、消費電力の高効率消費を目的として、冗長化された80PLUSのチタニウムレベル認証済電源を採用している。

 「Insight Qube」は、インサイトテクノロジーがデータベース向けに特化し、設計、製造するx86系IAサーバー。Oracleやマイクロソフト社製データベースをはじめ、さまざまなデータベースのパフォーマンスを大幅に改善することが可能だという。保証体制についても、24時間365日対応のサポートを日本全国で提供できる体制を整えているとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8323 2016/07/28 14:15

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング