EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

HPE、ミッションクリティカルx86サーバーに最大24TBのメモリ搭載可能な新製品

  2016/08/30 15:00

 日本ヒューレット・パッカードは、インテルXeonプロセッサー E7 v4 製品ファミリーを搭載した、業界最大級の24TBのメモリを搭載可能なミッションクリティカルx86サーバー「HPE Integrity Superdome X」の新製品を8月30日から販売すると発表した。

 「HPE Integrity Superdome X」は、多くのユーザーが使い慣れているMicrosoft Windows Server 2012 R2やRed Hat Enterprise Linux 7をサポートする。これらOS上で稼動するアプリケーションは全て、特殊なスキルが不要で、99.999%の稼働率のミッションクリティカルシステムを実現できるという。

 高信頼性を実現する機能は、ファームウェア等のサーバー内部に実装されており、それらの機能を意識することなくアプリケーションの実装、開発を行うことが可能だという。

 従来の「HPE Integrity Superdome X」では、1OS領域につき、12TBまでのメモリ搭載が可能だったが、今回の新製品発表により、1OS領域につき、24TBまでのメモリ搭載が可能となる。これにより、大量のメモリを必要とするSAP HANAを代表としたインメモリデータベースのカバー範囲が拡大し、従来では実行が不可能であった処理を高速に実行することが可能となる。

 また、「HPE Integrity Superdome X」に実装されている、複数のCPU同士を接続するクロスバーファブリックの速度を33%向上した。これにより、同一システムをより少ないCPUコアで稼動することが可能となり、TCO削減に大きく貢献するとしている。

 「HPE Integrity Superdome X」の製品概要は次のとおり。

  • インテル Xeon プロセッサー E7 v4ファミリーを最大16CPU、384コアまで搭載可能
  • メモリ最大24TBまで搭載可能
  • 最小2CPUからスモールスタートし、2CPU毎に増設することが可能
  • 物理パーティション(nPartitions)利用で、1筐体内を複数のOS領域に電気的に分割可能
  • 従来のx86サーバーには実装されていないさまざまな高信頼性機能を実装し、実績値として稼働率99.999%を実現

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5