EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ウィンマジック、企業のセキュリティ管理を改善するBitLocker向け「SecureDoc」を発表

  2016/10/12 15:00

 ウィンマジック・ジャパンは、インテリジェントな鍵管理・暗号化ソリューションである「SecureDoc」のBitLocker管理機能の向上を発表した。セキュリティの強化および機能拡張が施され、IT管理者とエンドユーザの操作性が改善されているという。

 ウィンマジックの「SecureDoc Enterprise Server(SES)」は、異なるプラットフォームが混在するIT環境の拡大に対応し、あらゆる暗号化手法をシームレスに管理することに加えて、BitLocker環境およびAzureのクラウド管理向けに暗号化の機能拡張を提供する。

 BitLockerは、128ビットまたは256ビットの暗号化によるデータ保護を目的にWindowsの特定エディションに搭載されている機能(Windows 8のPro、Enterpriseエディション、Windows 10のEducationエディション、Windows Serverなど)。プラットフォームやエンドポイントに依存せず、導入と運用を容易にするよう設計されている他のエンタープライズ鍵管理システムと併用することで、エンタープライズクラスの暗号化ソリューションとして機能するという。

 BitLocker向け「SecureDoc」では、BitLockerのシームレスな暗号化とウィンマジックの最先端の包括的なエンタープライズ鍵管理が統合し、両方の長所が生かされている。BitLockerの暗号化とウィンマジックの鍵管理の併用により、次のメリットがもたらされる。

  • スマートカードによるPBA(Preboot Authentication:プリブート認証)
  • エンドユーザはシングルサインオンが可能
  • 「SecureDoc」の革新的なフルディスク暗号化導入ソリューションによるシームレスなプロビジョニング
  • 誤って(あるいは意図的に)BitLockerが無効化されるのを回避するエンタープライズクラスのAlways-onプロトコル
  • プラットフォームとエンドポイントに依存しないWindows AzureベースのVM機能―マルチプラットフォームに対応した暗号化の一元管理
  • 包括的で最先端の鍵管理機能により実現するパスワードリセットや暗号鍵ラベリングなどの持続的なデータリカバリ機能
  • Azure のエンドポイントとクラウド管理を向上させる一元管理機能

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5