SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

エフセキュア、Salesforce上の悪意あるコンテンツを監視するセキュリティソリューションを発表

 エフセキュアでは、クラウドのエコシステムにおいて、セキュリティは、サービスプロバイダーとユーザーとの連帯責任であり、コンテンツを安全に保つためのソリューションは、今後、クラウドの安全を確保する上で大きな役割を果たすことになるとしている。

 「F-Secure Cloud Protection for Salesforce」は、エフセキュアのセキュリティサービス「F-Secure Security Cloud」のリアルタイムスレットインテリジェンスやサンドボックスなどの各種機能を使用して、リンクやファイルが安全であることを検証するが、Salesforceの使用や性能を妨げることはないという。

 そして、悪意があると確認されたファイルやリンクは、拡散したり使用されないように、「F-Secure Cloud Protection for Salesforce」がブロックして隔離し、その後、管理者がさらなる分析とアクションをとれるよう、記録してフラグが付けられる。

 「F-Secure Cloud Protection for Salesforce」は、使いやすさとセキュリティを念頭に構築されており、管理者は、さまざまな異なるアクションが選択可能で、ユーザーに対して表示するメッセージをカスタマイズすることができる。このアプローチは、マルウエアを拡散するためにクラウドを悪用するサイバー攻撃を防ぐだけではなく、IT管理者が、調査して脅威に対応し、自社のセキュリティを長期的に改善できるようにするという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8678 2016/11/11 14:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング