SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ヴイエムウェア、新たなアプリケーションとデスクトップ仮想化製品などポートフォリオ強化を発表

 新たに提供される「Horizon Cloud」「Horizon Apps」の概要は次のとおり。

VMware Horizon Cloud:IBM Cloud上のDaaSユースケースを拡張

 新しい「VMware Horizon Cloud」は、IBM Cloud環境または認定済みハイパーコンバージドインフラを活用したオンプレミス環境でホストされる仮想デスクトップ/アプリケーションを配信、管理する新しいサービスで、サービスとしてのデスクトップ(DaaS)をこれまで以上に、さまざまなユースケースで利用できるようになるという。

 「Horizon Cloud」は、IBM Cloudで稼働する最新のGPUテクノロジを最大限活用することで、仮想化されたデスクトップ アプリケーションの動作をさらに高速化しており、特にAutoCADなどのCAD/CAMの動作向上に大きな効果を発揮するとしている。

 「Horizon Cloud」は、クラウド環境への完全な移行を検討している顧客や、派遣・契約社員への対応などの特別なユースケースにも最適な、豊富な機能を備えた企業向けWindowsデスクトップ/アプリケーションを提供。このソリューションの導入にあたり、顧客は、自社購入のハイパーコンバージドインフラを利用したオンプレミス環境、クラウドホスト型のインフラ、またはこの両方の組み合わせといった複数の導入モデルの中から最適なモデルを選択することができる。

 また、運用と管理は一元的なクラウド ベースの管理プレーンとJMPテクノロジにより効率化されるため、デスクトップ/アプリケーションの設定、導入、管理に要する時間を削減することで、さらなる価値を生み出すための時間を確保することができる。

VMware Horizon Apps:オンプレミス向けVMware Horizon 7の新ソリューション

 「VMware Horizon Apps」は、オンプレミス向けのVMware Horizon 7ポートフォリオに新たに加わった新ソリューション。顧客は、今回アップデートされたデスクトップ向けのVMware Horizon 7.1か、または、公開アプリケーションを活用したアプリケーション中心型の「VMware Horizon Apps」のいずれかを選ぶことができる。また、JMPやBLASTによるメリットに加え、他社のソリューションに比較してプロビジョニングにかかるコストを約半分に抑えることができるという。

 ヴイエムウェアでは、Microsoft Skype for Business for Horizon 7.1のテクノロジ プレビューの提供も開始する。このソリューションは、企業のデータをデータセンタに安全に保存し、データ漏えいを防ぐことでセキュアなコラボレーションを実現するという。

 IT管理者は、可視性の高いシンプルな管理、一元的な導入およびアプリケーションのアップデートを通じたポリシー管理とコントロールといったメリットを得ることができる。さらにエンドユーザに対しては、デバイスやプラットフォームを選ばない一貫性のあるユーザ体験を提供するという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8946 2017/02/08 17:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング