SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

国内タブレット市場、2016年のデタッチャブルタブレット出荷台数は前年比24.3%増――IDC発表

2016年第4四半期のタブレット市場出荷台数は前年同期比10.1%減の199万台

 2016年第4四半期のタブレット端末の出荷台数は、前年同期比10.1%減の199万台で、家庭市場向けは同比7.6%減の161万台、ビジネス市場向けは19.3%減の38万台となった。同四半期は、通信事業者向けおよび、学校や官公庁などの公共セグメント向けの出荷は、前年同期比でプラス成長となった。しかしながら、家庭市場向けのWi-Fiモデルや、一般民間企業向けの出荷は2桁のマイナス成長とであった。

 2016年通年のタブレット端末の出荷台数は、前年比6.9%減の773万台となった。これをセグメント別に見ると、家庭市場向けは同比0.7%増の595万台、ビジネス市場向けは25.5%減の178万台となった。市場の中心である家庭市場向けタブレットは、通信事業者向けの出荷が底支えすることにより、2015年並みの出荷台数となった。しかしながらビジネス市場向けは、民間企業での導入が一巡したことや、タブレットを利用したソリューションの提供が不十分であることから、前年比2桁のマイナス成長となった。

 タブレット市場を「デタッチャブルタブレット」(ハードウェアキーボードが脱着できるタブレット)と「タブレットスレート」(通常のスレート型タブレット)に分けて見ると、2016年の出荷台数はデタッチャブルタブレット160万台、タブレットスレート613万台とタブレットスレートが約80%を占めている。

 しかし、その前年比成長率は、タブレットスレートが12.6%減に対し、デタッチャブルタブレットは24.3%増と伸ばしている。これには2つの要因がある。1つは、アップルのiPad Proの登場によってデタッチャブルタブレット市場の出荷台数が増加したこと。もう1つはPCベンダーが、PCとの置き換えやアドオンデバイスとしてのデタッチャブルタブレットを、PCの延長線上でスマートフォンのような使い勝手を持つPCという位置付けにし、ユーザーの使い勝手の向上を狙っていることとIDCではみている。

アップル、ファーウェイ、NEC Lenovoグループ、富士通、エイスースが上位5社

 2016年の国内タブレット市場出荷台数の上位5社は、アップル、ファーウェイ、NEC Lenovoグループ、富士通、エイスースとなった。アップルは、前年比7.0%減と出荷台数を落としたが、40.9%の高いシェアを維持している。また、同年第4四半期の上位5社は、アップル、ファーウェイ、NEC Lenovoグループ、エイスース、富士通となった。

 今後の見通しに関して、IDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストの浅野浩寿氏は「国内タブレット市場は、キラーアプリケーション不在の状況が今後も続き、家庭市場向けおよびビジネス市場向け共にマイナス成長が続くと予測される。その中で、金融市場に既に導入されているタブレットの入れ替えが2017年~2018年に開始されることが予測され、これら買い替え需要が市場を支えるであろう」と述べている。

参考資料1:2016年第4四半期 国内タブレット市場 ベンダー別シェア・出荷台数(作成:IDC Japan)  
参考資料2:2016年 国内タブレット市場 ベンダー別シェア・出荷台数(作成:IDC Japan)  

 今回の発表は、IDCが発行した「国内モバイルデバイス市場 2016年第4四半期の分析と2017年~2021年の予測」にその詳細が報告されている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9033 2017/03/08 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング