SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ホートンワークスジャパン新社長、廣川氏が日本での戦略とプラットフォーム新製品発表

廣川社長
ホートンワークスジャパン株式会社 執行役員社長 廣川 裕司氏

 ホートンワークスは米国のYahoo!から生まれたApache Hadoopのディストリビュータ。米国本社のHortonworksは1100人の社員を有し、IPOを果たしている。日本支社のホートンワークスジャパンは2014年に設立され、すでに国内でLIXIL、リクルート、ヤフーなどの大手顧客と12社の販売パートナーを持っている。

 3月に新社長に就任した廣川裕司氏は、日立、サン・マイクロシステムズ、BEAを経て、レッドハット社長としてオープンソースソフトウェア(OSS)の世界をリードしてきた人物。

 4月21日のプレス向けの戦略発表では「会社のカラーも(レッドハットの)赤から、緑に変わり、信号の色が変わったようなもの。これからはフルスピードで拡大を目指す」と意気込みを示す。

 ホートンワークスはApache系の次世代データプラットフォーム製品を提供している。おもにHadoopやSparkなどの蓄積系データ分析の「HDP(Hortonworks Data Platform)と、nifi、Kafkaといったストリーミング系データ管理を行う「HDF(Hortonworks Fata Flow)だ。これらにAWSやマイクロソフトのAzure HDInsightなどのクラウド系のサービスを加え展開していくという。

 「HDFに関しては、これからIoTの機器から大量に入ってくるデータの収集と分析が狙い。今後サブスクリプションにして性能・機能・互換性を強化したプロフェッショナルサービスも提供する。」(廣川社長)

 日本市場での展開としては、大手100社のCXOレベルに対して、密着型の「ハイタッチセールス」を行いつつ、パートナーによる裾野の拡大も目指す。そのために「現在12社のパートナーを早急に50社に増やしたい」と廣川社長は言う。

 会見には三菱ふそうトラック・バスCIOのルッツ・ベックが登壇し、ホートンワークスのプラットフォームによって「コネクテッド・トラック」というIoTサービスをおこなっていると述べた。

ルッツベック・北瀬氏

三菱ふそうトラック・バス株式会社CIO ルッツ・ベック(Lutz Beck)氏、
ホートンワークスジャパン株式会社 マーケティングディレクター 北瀬公彦氏

Hortonworks Data Platform2.6を発売開始

 さらに、Hortonworks Data Platform(HDP)バージョン2.6が紹介された。新機能としては以下の内容となる。

  • LLAPという技術によりApach Hiveのインタラクティブ機能をより高速化
  • ACIDマージ機能により全てのデータをHadoopでのデータメンテナンスを効率化
  • データサイエンス向けに:Spark 2.1とZeppelin 0.7を正式対応
  • リアルタイムアプリケーション開発向けに、Spark H-Baseコネクタを正式対応、またApache DruidをTech Previewでパッケージ
    ー Apache Ambari 2.5による管理操作性の向上
  • クラウドファーストの取り組みとして、AWS、Azureでいち早く利用可能
  • IBM Power Systemsにいち早く対応

 また、同社のマーケティングディレクターの北瀬公彦氏は、エンジニアコミュニティ「ホートンワークス・フレンズ」を拡大する計画を語った。

 「ホートンワークス・ハブというミーティングイベントを月1回開催し、精通したファンを増やしていきたい。今年度は500名、2020年に3000名、5年後には1万名を目指したい」(北瀬氏)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9205 2017/04/24 09:41

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング