SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press(PR)

SAPのクラウド化に悩んでいるなら2日間ください――マイクロソフトのGlobal Black BeltがSAP環境のクラウド化成功の秘訣を伝授

 最近、SAP ERPやSAP S/4HANAのような基幹系システムをパブリッククラウドで稼働させる動きが活発化している。パブリッククラウドのサービスがさまざまな実績を積み、信頼性も可用性も向上したこともその一因だろう。とはいえ、いざSAP ERPなどをオンプレミスからクラウドに移行するとなれば、これまでとは異なる手間や苦労も発生するかもしれない。その際にクラウドベンダーは、いったいどのようなサポートをしてくれるのだろうか。

SAPをAzureでスムースに動かすことをサポートするプロフェッショナル集団

cap
マイクロソフトコーポレーション
グローバルブラックベルト セールス部
テクノロジーソリューションズ プロフェッショナル 
家田恵氏

 マイクロソフトはAzureを本格的に市場展開するようになってから、オープン化に大きく舵を切っている。「SAPがSAP HANAを提供したことで、マイクロソフトとはSQL Serverで競合する部分もあります。しかしながら、SAPのアプリケーションをAzureで動かすのは顧客も望んでいること。マイクロソフトでは、改めてSAPにフォーカスしています」と言うのは、マイクロソフトコーポレーション グローバルブラックベルトセールス部 テクノロジーソリューションズ プロフェッショナルの家田 恵氏だ。SAP HANAを動かすことに特化したベアメタルサービス (HANA ラージインスタンス) を提供し始めたこともその表れだ。

 さらに「SAPのアプリケーションは、企業のシステムの中心的な存在です」と、同じくマイクロソフトコーポレーション グローバルブラックベルト セールス部 テクノロジーソリューションズ プロフェッショナルの池本 仁氏も言う。SAPは企業のシステムの中でもシンボリック的な存在であり、Azureの安全性、信頼性などについても「SAPが動くなら大丈夫だよね」と多くのIT部門の人たちが口にしていると。

cap

マイクロソフトコーポレーション
グローバルブラックベルト セールス部
テクノロジーソリューションズ プロフェッショナル
池本仁氏

 こういった背景もあり、SAPのアプリケーションをAzureでスムースに動かすことをサポートする組織をマイクロソフトでは作ったのだ。これは「Global Black Belt」と呼ばれ、(黒帯レベルの)専門家で構成される組織だ。Global Black BeltにはアナリティクスやAI、IoTなど分野に特化したチームがあり、そのうちの一つが家田氏、池本氏が所属するSAP on Azureのチームだ。

 SAP on Azureのチームには、世界中に50人を超えるメンバーがいる。全てが「SAPのプロ」で、SAPに関する技術やビジネス経験が10年以上あるメンバーで構成されている。バックグラウンドはさまざま、池本氏のようにSI会社でSAPの導入やSAP周辺ソリューションの開発を長く経験した人もいれば、家田氏のようにコンサルティング会社でSAPソリューションを担当した人などもおり、SAP社から転職してきた人もいる。

 現状、SAP ERPのクラウド化を検討している企業は多い。今利用しているSAP ERPは、SAPのサポートの関係から2025年までにS/4HANAに移行する必要があるからだ。そんな中、SAP ERPを動かしているハードウェアの更新時期を迎える企業などでは、ここにきて5年償却のハードウェアを購入するのかに悩んでいるのだ。

 またSAP ERPなどを動かすために導入したハードウェアリソースを、じつは使い切っておらずもったいないと感じている企業も多い。SAP ERPを動かす際には、ピーク時の処理負荷に耐えうるハードウェアリソースを用意する。そうなると平均CPU使用率は10%以下となることも多い。そのため「大きくも小さくも柔軟にリソースを調整できるクラウドがいいのではと考える企業があります」と家田氏。

 その上でクラウド環境の昨今の性能向上、先行的な企業によるSAPアプリケーションの実績も増えた。であれば我々もやってみるかという動きが出てきているのだ。

 「安全らしいけれど安心できないとの感覚が以前はありました。クラウドベンダーがセキュリティの第三者認証を取得するなどで、それは払拭されてきました。また実際にデータセンターでどのような運用をすることで、安全性、信頼性を担保しているかの情報も増え、顧客が安心だと感じるようになっています」(家田氏)

SAP 環境のクラウド化アセスメント サービス (無償) による成果物サンプルはこちら
 
SAP 環境のクラウド化アセスメント サービス(無償) を試してみたいお客様
 日本マイクロソフト担当営業宛にご相談ください。また以下に記載されているフォームからもお問い合わせいただけます。コメント欄に「SAP 環境のクラウド化アセスメント実施希望」と記載の上、お気軽にお問い合わせください。
※パートナーの方もお問い合わせいただけます。
SAP環境クラウド化アセスメントについてのお問合せはこちら

次のページ
2日間の深いディスカッションで具体的なSAP on Azureの姿を明らかにする

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/10508 2018/05/17 10:44

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング