SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Oracle Innovation Summit Tokyo 2018レポート(PR)

サーバレスとは何か――OSS「Fn Project」ベースのオープンなサーバレス「Oracle Functions」でできること

サーバレスの特徴

 キム氏は、サーバレスの機能や特徴について次のように説明する。

 「サーバレス」はサーバインフラの抽象化の一つであるという。抽象化にはプロビジョニング、スケーリング、パッチ適用なども含まれ、サーバOS、ミドルウェア、ネットワーク部分をまとめただけではない。この点はPaaSとの相違点となる。サーバレスでは代わりに「FaaS(Function as a Service)」という言葉を使う。ここでのFunctionは小さい独立したプログラム。サーバが持つ演算機能の単位ということになる。サービス部分にプロビジョニングやスケーリングといった機能維持のしくみが含まれる(ユーザーはこの部分を気にする必要はない)。またインフラだけでなく、使いたい機能も抽象化されているので、開発が容易だ。

ファンクションとFaaSの説明
ファンクションとFaaSの説明
[画像クリックで拡大表示]

 オラクルでは、Fn Functionを「Oracle Functions」というサービスで提供している。重要な点は、Oracle Functionsはオープンソースプロジェクト「Fn Project」をベースにしていることである。そのため、プラットフォーム、クラウド、オンプレミスなど環境を選ばない(ベンダーロックインなし)。もちろんオラクルらしく、エンタープライズユースを考えてセキュリティ、管理が適用されている。Fn Project自体にもオラクルは深くコミットしている。

Oracle Functions
Oracle Functions
[画像クリックで拡大表示]

 さらにキム氏によれば、サーバレスが支持されるのは、課金がファンクションが呼び出されて実行される時間単位であることも大きいという。Oracle Functionsの場合、100ミリ秒単位での課金となっている。

Fn Functionの使い方とユースケース

 Fn Functionの実体はコンテナなので、利用する場合には何らかのレジストリにコンテナをプッシュする必要がある。呼び出しは「指定のファイルが読み込まれた」といったイベントをトリガーとする。

ファンクションの利用方法
ファンクションの利用方法
[画像クリックで拡大表示]

 実行時課金ということを考慮すると、Fn Functionのユースケースは、イベントベースの処理や、負荷に季節変動がある処理、バッチ系の定期・定時処理、予測不能なピークや突発的イベントの対応、短時間の処理など、「一時的に(時には大量に)発生する処理」になるだろう。

 例えば、画像データをデバイスごとの解像度に加工する処理や、ログデータなどのストリーム処理(ユーザーコメントなどの傾向分析)などだ。バッチ系では、月次の請求処理やポイント計算処理が例示された。モバイルアプリのバックエンドでは、REST APIをトリガーとして、認証処理、DBサービスのエージェントなどにも使える。IoTでは、センサーネットワークの監視、ダッシュボード機能の処理が可能だ。

ユースケース1(リアルタイム画像処理など)
ユースケース1(リアルタイム画像処理など)
[画像クリックで拡大表示]
ユースケース2(リアルタイムソーシャル分析など)
ユースケース2(リアルタイムソーシャル分析など)
[画像クリックで拡大表示]
ユースケース3(請求処理・バッチ処理)
ユースケース3(請求処理・バッチ処理)
[画像クリックで拡大表示]
ユースケース4(モバイルアプリのバックエンド)
ユースケース4(モバイルアプリのバックエンド)
[画像クリックで拡大表示]
ユースケース5(IoTセンサー群の処理)
ユースケース5(IoTセンサー群の処理)
[画像クリックで拡大表示]

次のページ
コーディング作業とデプロイプロセス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Oracle Innovation Summit Tokyo 2018レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中尾 真二(ナカオ シンジ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/11026 2018/09/04 15:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング