Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

顔認証技術とプライバシー保護は両立できるか?―GDPRが与える示唆

2018/12/06 06:00

 監視カメラなどの動画データから顔を認識しデータベースと照合を行う顔認証技術は、もはや人間の目を凌駕する性能を持ち実用の領域に入っている。一方で、プライバシーの侵害や誤認識の恐れを懸念する声も上がっているが、各国の法整備が追い付いていないのが現状だ。2018年5月、EUでGDPRが発効された。今まさに、十分な議論を重ね、顔認証技術の幅広い利用に対する理解を深め、懸念を払拭することが重要となっている。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 酒匂潔(サコウキヨシ)

    ジェムアルト株式会社 公共事業本部 本部長   ジェムアルト株式会社の公共事業本部の本部長として、eパスポート、e運転免許証などのセキュアドキュメント製品、顔認証、指紋認証、光彩認証など生体認証製品、パスポート発行機関用、ホテルフロント業務...

バックナンバー

連載:Security Online Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5