Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SBT、セキュリティ運用監視の海外監視拠点を開設、グローバル監視センターを4月にスタート

  2019/03/22 16:30

 ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は、海外に進出している国内企業向けに、マネージドセキュリティサービス(MSS)の英語対応を4月より開始すると発表した。また、既存の国内監視拠点に加えて新たに海外監視拠点を開設し、グローバル監視センターとしてセキュリティの専門家が24時間365日体制でセキュリティシステムの運用・監視を行い、企業の海外拠点の担当者への電話やメールによるサポートや緊急時における対応を行う。

グローバル監視センターの対応イメージ

 国内企業の海外進出が進み、システム運用のアウトソースも加速している昨今、海外拠点におけるシステム運用の課題として、「運用の委託先が日本語対応のみで現地担当者と直接連絡ができない」といった言語の違いによるコミュニケーションギャップや、「本社経由の連絡だと緊急時に迅速な対応が取りづらい」といった時差によるリードタイムの発生が挙げられているという。

 海外拠点を持つ企業のセキュリティシステムの運用においては、不正アクセスの検知などインシデント発生時には迅速な対応が必要となるため、時差や言語に影響されることなく、24時間365日いつでも現地担当者と直接連絡が可能なグローバル対応を必須とする場合が増えているという。

 「MSS」は、高度な分析技術と知見を有するSBTのセキュリティアナリストが24時間365日、顧客企業のセキュリティシステムの運用・監視を行う。2018年5月に構築した、SBT独自の脅威検知AIを搭載したログ分析プラットフォームに連携するセキュリティ機器も拡充し、より精度の高い分析や脅威検知のスピード向上などサービスの強化も実施しているという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5