SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Operation Online Press

監査や会計士はAIの普及でどう変わるのか?


 「AI普及で消える職業」の1つとして会計士がある。その会計士を多く抱えるPwCあらた有限責任監査法人はデジタル変革期をどう乗り越えていこうとしているのか。未来の監査や会計士のあるべき姿とは?

監査業務はまだ全てがデジタル化、自動化できていない

 「監査の基本的な手法は、監査法人の創業時代からあまり変わっていません」と話すのはPwCあらた有限責任監査法人 パートナー/監査業務変革推進部長 久保田正崇氏。PwCのルーツにあたるウィリアム・クーパー氏やエドウィン・ウオーターハウス氏らの会計事務所の創業は約150年前。日本なら明治になる手前ごろだ。  

PwCあらた有限責任監査法人 パートナー/監査業務変革推進部長 久保田 正崇氏

 デジタル化にも対応しつつ脈々と続いてきた会計監査だが、AIが本格的に普及すると「会計監査業務はAIに取って代わられる」と考えられている。監査が行う多くが照合や分析で、比較的AIが得意な分野だからだ。AIで処理ができれば監査の生産性が大きく向上するのは間違いない。  

 現状はどうか。今や多くの企業や組織には会計システムや販売管理システムが導入されており、監査に使う主なデータはインプット段階からデジタル化できている。また最終的に残す調書や報告書もデジタル化されている。  

 始まりと終わりはデジタルだ。しかし途中にアナログ処理がまだ残る。久保田氏によると、現状では段ボールの中から証憑(請求書や領収書などの書類)を探す、紙面とExcelデータを目検で照合する、といった地道な作業があるという。体力も時間も要する過酷な作業でもある。  

 また現時点ではデータ形式やシステムの接続性でAI自動化には壁がある。特にAIで処理をするにはAIで処理可能なデータ形式に変換する必要がある。

次のページ
まずはカルチャーから変える

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Operation Online Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/11991 2019/07/03 17:26

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング