Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

経営リスクの分析をクラウドサービスで実現 デロイト トーマツが提唱する次世代のリスクマネジメントとは

edited by Security Online   2019/07/02 06:00

 会計不正、品質データ不正、長時間労働など、経営に向けられる目は年々厳しさを増してきている。さらにコンプライアンス意識の高まりや内部告発により、これまで見過ごされてきた問題までも次々に顕在化してきている。問題発覚は健全化に向けて方向転換できるいい機会になるとはいえ、外部からの指摘や問題発覚後ではレピュテーションの低下など経営に致命的なダメージを与えてしまう。そうしたなか、データ分析がリスク管理の一助として注目されている。

経営リスクが複雑化するなか、リスク分析をクラウドサービスで

 リスクは内部で検知できればいいものの、そう簡単ではない。長年続く習慣が絡むと内部の人間は問題として認識しづらい。加えて近年では市場の変化もある。少子高齢化による国内市場の縮小を背景に、経営は海外進出や多角化を迫られている。M&Aで異なる習慣やシステムが混在するなど、環境の複雑化も進んでいる。もうこれまでの手法や勘が通用しない。経営が管轄する範囲や領域は拡大し、リスク対策に手が回らない、あるいはどこから手を付けたらいいのか分からないのが実状ではないだろうか。  

 こうした課題に対してデータ分析がリスク管理の有効な手段として注目されている。有限責任監査法人トーマツ デロイトアナリティクスのリスクアナリティクス オン クラウド(Risk Analytics on Cloud)は企業が持つデータを分析することでリスクを浮かび上がらせるものだ。  

 本サービスはデロイト トーマツがこれまでの豊富な事例と知見から、リスクシナリオや分析ロジックを盛り込んで独自開発したSaaS型アプリケーションだ。すでに企業内で稼働しているシステムのデータを取り出して分析するため、新たにシステムを導入する必要がない。またクラウドサービスとして提供するため、分析用の機器を導入する必要はなく、専門家が一から分析するのと比較すればすぐに始められるのがメリットだ。

有限責任監査法人トーマツ リスクアドバイザリー事業本部
デロイトアナリティクス ディレクター 染谷 豊浩氏

 染谷氏は「こういうリスクにはこういうデータを見れば不正の兆候が分かるなど、シナリオごとにおおよその傾向があります。それをパッケージ化しました」と話す。数千社以上のデータ分析実績をもとにアプリケーションとして提供しているため、効率が良い。またサービス利用側は既存システムのデータをクラウドに送信すればいいだけなので、自社でデータサイエンティストを抱える必要はなく、難しいプログラミングも必要ない。  

 データを分析するアプリケーションなので、データが増えれば分析精度は高まる。データが蓄積されるほど過去との比較ができるようになる。例えばデータが1年分から3年分に増えれば、季節変動も把握できるようになる。継続的に利用すればメリットも大きくなると期待できる。


著者プロフィール

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online&nbs...

バックナンバー

連載:Security Online Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5