Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

システムインテグレータ、データベース開発支援ツール「SI Object Browser」EDB Postgres 11対応版を提供開始

  2019/09/06 14:00

 システムインテグレータは、PostgreSQLおよびエンタープライズDB社が提供するEDB Postgres 11に対応したデータベース開発支援ツール「SI Object Browser for Postgres 19」を9月12日付けでリリース、この製品の販売代理店を務めるアシストが同日より販売を開始すると発表した。

 「SI Object Browser」シリーズは、実績のあるシステムインテグレータ社の製品で、1997年にOracle Databaseの開発支援ツールとしてリリースされ、その後SQL ServerやDb2、HiRDB、Symfowareなどの商用データベースに順次対応してきた。

 今回リリースされる、EDB Postgresの最新バージョンならびにストアドプログラムのデバッグ機能を搭載した「SI Object Browser for Postgres 19」では、他の商用データベースと同様、EDB Postgresを採用した場合の開発生産性を向上させることができるという。

 EDB Postgresによるミッション・クリティカルな企業システム構築のサポートでも実績があり、この製品の販売代理店を務めるアシストでは、自社からEDB Postgresのサブスクリプションを購入した顧客に対し、「SI Object Browser for Postgres 19」のクライアント・ライセンスを無償で提供する。これにより、EDB Postgresによるシステム構築の負荷軽減/工数削減に大きく貢献し、顧客企業における複数データベースの適材適所での有効活用を支援するとしている。

 新バージョンでは、EDB Postgres 11に対応。最新のEDB Postgres環境でも「SI Object Browser for Postgres」を安心して利用できる。また、新たにストアドプログラムのデバッグ機能を追加。IDE(統合開発環境)にあるようなステップ実行や、ブレークポイントの設定、変数情報の確認などが可能となり、ストアドプログラムの開発だけでなく、より細かなデバッグ操作ができるようになる。

「SI Object Browser for Postgres」の特徴

 「SI Object Browser for Postgres」は、EDB Postgres、PostgreSQLデータベースに直接接続し、次のような項目のほか、データベースに関わるすべての操作をGUIで行うことができる。

  • テーブルやビューなどの各種オブジェクトの作成
  • テーブルデータの編集
  • ストアドプログラムの作成・実行

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5