Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

HP、仮想化サーバーとSANを統合管理するダイレクタースイッチ

  2009/03/12 11:00

HPは11日、仮想化サーバーと中規模以上のストレージネットワークを統合管理するダイレクタースイッチ 「HP StorageWorks DC04 SAN Director」、データ暗号化スイッチ「HP StorageWorks Encryption SAN Switch」、暗号キー管理アプライアンス「HP StorageWorks Secure Key Manager」を発表した。これらの製品はBrocadeとの協業によりOEM供給を受ける。

 HPは11日、Brocadeのダイレクタースイッチ、暗号化スイッチなどの製品のOEM供給をうけ、仮想化環境における中規模ストレージの統合管理製品を販売することを発表した。

 発表されたのは、「HP StorageWorks DC04 SAN Director」、データ暗号化スイッチ「HP StorageWorks Encryption SAN Switch」、暗号キー管理アプライアンス「HP StorageWorks Secure Key Manager」の3機種だ。

 仮想化環境によってサーバー統合が進む中、データセンターや企業ITの現場では、既存のストレージ環境、SANなどとの接続、管理も課題になっている。中規模以上のSAN環境では、ストレージ群を統合管理する高機能スイッチを使うことがある。

 「DC04 San Director」は、9Uラック筐体に4つの拡張スロットを搭載し、8Gbpsファイバーチャネル(FC)を16~192ポート搭載している。各帯域FCに加えFICON、FCIPなどのプロトコルもサポート(FCoE対応予定あり)し、ポートごとに帯域やパスを制御するQoS機能も備えている。

 「Encryption SAN Switch」は、32ポートのスタンドアロンスイッチと16ポートのダイレクター用ブレードの2モデルがあり、96Gbpsの暗号化処理能力を持つ。暗号方式はAES-256-XTS/GCMに対応している。

 「Secure Key Manager」は上記2つの製品と連携し、暗号キーを一元的に管理するアプライアンス製品となる。

 製品出荷は4月上旬を予定している。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5