EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

6月30日まで無料試用 リモートワークに役立つAWSサービスを一挙紹介

edited by Operation Online   2020/05/20 09:00

仮想コンタクトセンター「Amazon Connect」

 顧客からの問い合わせに対応するコンタクトセンター業務を遂行するためのサービスには「Amazon Connect」がある。音声のほかチャットにも対応するため、オムニチャネルコンタクトセンターのための機能が揃う。

 総合事務用品メーカーのプラスではアプライアンス型PBXを廃止し、Amazon ConnectとAmazon WorkSpacesを組み合わせて運用することで、業務継続性を高め、年間運営費の推定40%削減を見込んでいるという。

 音声対応をGUIで設定できるのもメリットだ。着電したらどのようなメッセージを流すかをGUIの簡単な操作で設定できる。メッセージはAmazon Pollyでテキストから音声に変換する。なお日本語なら女性の声には「Mizuki」、男性の声には「Takumi」と愛称が付いている。

音声対応の設定をGUIで
音声対応の設定をGUIで

デスクトップアプリケーションをストリーミング配信「Amazon AppStream 2.0」

 SAPのアプリケーションやDWHなどの作り込まれたアプリケーションであれば、「Amazon AppStream 2.0」でストリーミング配信できる。既存アプリをAWSにインポートすれば、ユーザーはブラウザから利用できる。

デスクトップアプリをAppStream 2.0で構築
デスクトップアプリをAppStream 2.0で構築

AWSとパートナーからのキャンペーン

 AWSからはリモートワーク支援としていくつかのサービスで6月30日までの無料試用が提供されている。対象となるのは先述したAmazon Chime、Amazon WorkSpaces、Amazon WorkDocs、Amazon Connect、Amazon AppStream 2.0、加えてサードパーティのエキスパートからの支援を受けられるAWS IQとなる。詳しくは下記。

 他にもAWSのパートナーが提供している無償支援プログラムは「日本おうえんプロジェクト」に集約されている。多種多様なサービスが無償で利用できるいいチャンスなので、チェックしておくといいだろう。



著者プロフィール

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。 Webサイト:http://emiekayama.net

バックナンバー

連載:Operation Online Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5