EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

LINEが打ったニューノーマルへの先手、ゼロトラストVPN運用と新サービスのリリース

edited by Security Online   2020/10/27 09:00

 今や私たちの日常生活にとって欠かすことができないコミュニケーションツールとなったLINEだが、そのセキュリティ対策について語られる機会は意外にも少ない。その実際の取り組み内容や、今般のコロナ禍におけるテレワーク対応のためのセキュリティ施策などについて、LINE サイバーセキュリティ室 室長の市原尚久氏が語ってくれた。

コロナ禍に伴うリモートワーク導入でセキュリティ課題が

LINE株式会社 サイバーセキュリティ室・室長 市原 尚久氏
LINE株式会社 サイバーセキュリティ室・室長 市原 尚久氏

 日本国内で提供されるSNSサービスとしては最大級のユーザー数を誇るLINEだが、今般のコロナ禍を受けてさらにその利用が増えているという。2020年5月にLINEグループトークでやりとりされたテキストやスタンプ、画像の数は、同年2月と比べ41%増加しており、またLINE公式アカウントの新規開設数も同年3月から5月にかけて30%増加している。こうした動向について市原氏は、「コロナ禍の影響で人同士のリアルな接触が減った分、LINEを通じたリモートのコミュニケーションを図る機会が増えたものと思われます。また企業もリアル店舗の営業自粛を余儀なくされる中、デジタルの顧客接点により力を入れるためにLINE公式アカウントに注目しているようです」と考察する。

 そうした中、LINE自身も新型コロナウイルスの感染拡大を受け、いち早く勤務体制のリモートワークへの移行を断行した。それまでも一部の従業員を対象にリモートワーク制度を運用してきたが、2020年2月14日からその対象を大幅に拡大する計画の検討を開始し、そのわずか12日後の2月25日には一気にリモートワーク体制へと移行している。

 これだけ短期間のうちに準備を終えるためには、幾つかの技術的なハードルを乗り越える必要があったという。特に、従業員の自宅をはじめとするリモートワーク環境から社内ネットワークへアクセスするためのVPN接続のセキュリティ対策には、かなりの工夫を凝らしたそうだ。

 多くの企業がコロナ禍に伴い急遽リモートワークを導入したため、既存のVPN接続機器に一気にアクセスが集中してパンクしてしまう問題が多発した。しかしLINEではそうしたリスクをあらかじめ予見し、早めにVPN接続機器を入れ替えて最大同時接続数を10倍まで拡大したために、そうしたトラブルに見舞われることはなかった。

 一方、VPNの社内サポート担当者も他の従業員と同じくリモートワーク環境で働いており、業務を遂行するにはVPN経由で社内ネットワークにアクセスする必要があった。そのため、もしVPN環境自体に障害が発生した場合はリモートでの対応ができなくなり、出社して調査・対応に当たらざるを得なかった。当然、障害対応のスピードも遅くなるため、業務全体に大きな影響が及ぶことが予想された。

 VPN接続の安全性にも、若干の懸念が残っていた。従業員がVPNで社内ネットワークにアクセスする際には、Active Directoryと連携したID/パスワード認証と、あらかじめ登録してあるメールアドレス宛に別途PINコードを送信する二要素認証を組み合わせて運用していた。これだけでも一定レベルのセキュリティ強度は保てるものの、もしActive Directoryとメールサービスのパスワードが同じだった場合はパスワードリスト攻撃による不正アクセスを許してしまう危険性が残っていた。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 吉村 哲樹(ヨシムラ テツキ)

    早稲田大学政治経済学部卒業後、メーカー系システムインテグレーターにてソフトウェア開発に従事。その後、外資系ソフトウェアベンダーでコンサルタント、IT系Webメディアで編集者を務めた後、現在はフリーライターとして活動中。

  • 丸毛透(マルモトオル)

    インタビュー(人物)、ポートレート、商品撮影、料理写真をWeb雑誌中心に活動。  

バックナンバー

連載:Security Online Day 2020レポート

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5