SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

週刊DBオンライン 谷川耕一

横断的な検索、分析が強みのElasticsearch 国内資産運用会社の40億件データでも活用

パートナー施策とCXOの理解がビジネス成長の鍵に

 Elasticsearchでは今後、日本のパートナー経由のビジネスにも力を入れる。1つはOEMパートナーで、パートナー企業が提供する商用パッケージ製品などの検索エンジンとしてElasticsearchを組み込んで販売してもらう。

 もう1つは、大手SI企業などにElasticsearchを積極的に提案してもらうアプローチだ。これについては、ElasticsearchがOpenShiftに対応していることもあり、コンテナを活用するようなアプリケーション開発のところが有望なターゲットとなる。

 業種別では、金融業の不正取り引き検知などの用途がまずは挙げられる。また製造業におけるIoTデータの活用もある。製造業でも工場ラインの状況をリアルタイムに監視し、トラブルや不正などをリアルタイムに検知するニーズが生まれている。またECサイトなどオンラインサービスの検索用途も、引き続き重要なターゲットだ。さらに公共機関でも文書などのデジタル化が進んでおり、今後それらの検索などで採用の拡大が期待される。

「リスクや脅威のリアルタイムの監視や検知、予防保守などの用途は重要です。これらの課題を解決するのに、機械学習技術などを組み合わせてパターン化していくことも考えています」(鈴木氏)

 多様なニーズがある中、日本のパートナー企業が積極的に提案に含めるようになれば、Elasticsearchのビジネスはさらに成長するだろう。そのためにも、エンジニアだけが扱う技術のイメージを払拭し、認知度を向上しCXOの立場の人たちにもElasticsearchのメリットを理解してもらう。これには、急ぎ取り組む必要がありそうだ。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
週刊DBオンライン 谷川耕一連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/13883 2021/02/01 08:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング