SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

業務改善のためのビジネスプロセスマネジメント入門

ビジネスプロセスの実装と実行

第3回:ビジネスプロセスのライフサイクル(2)


前回はビジネスプロセス マネジメントにおけるビジネスプロセスのライフサイクルの果たす役割について説明し、ビジネスプロセスのライフサイクルの最初のフェーズであるビジネスプロセスの定義について説明しました。 第3回は前回に引き続きビジネスプロセスのライフサイクルのうちの、ビジネスプロセスの実装と実行について説明します。ビジネスプロセスの実装方法として、SOAとの関係についても取り上げます。

ビジネスプロセスの実装と実行

 せっかく新たなビジネスプロセスを定義しても、それを実行に移さなければ意味がありません。定義したビジネスプロセスを実行可能な状態にするのがビジネスプロセスの実装です。

 ビジネスプロセス マネジメント自体は、ビジネスプロセスを情報システムとして実装することだけを想定しているわけではありませんので、実装とはいっても情報システムとして実装するとは限りません。もし、ビジネスプロセスを人手だけで実行しているのであれば、関係者に新しいビジネスプロセスを周知徹底することがビジネスプロセスの実装と言えるでしょう。しかし、現代のビジネスプロセスは情報システムと切っても切れない関係にあり、ビジネスプロセスの多くの部分を情報システムで実現しています。

 この場合、ビジネスプロセスを実装するためには、情報システムの開発や変更を行う必要があります。

モデルと実装

 もし、ビジネスプロセス モデルから情報システムを自動的に生成できるのであれば、ビジネスプロセスをモデル化するだけで新たなビジネスプロセスが実装できます。しかし、現実にはそのようなことは困難であり、ビジネスプロセスの定義に基づいて新たな情報システムを開発したり、既存の情報システムを変更することになります。

 それでも、ビジネスプロセス モデルを厳密に定義することによって、モデル化したビジネスプロセスに関する情報に基づいて、ビジネスプロセス モデルを情報システムによる実装に結びつけることができます。つまり、ビジネスプロセス モデルからシームレスに情報システムの実装につなげることで、ビジネスプロセスの変更に柔軟に対応できる情報システムを実現することが可能になります。

 ビジネスプロセス モデリングでは、この大小さまざまな業務活動をアクティビティと呼びます。ビジネスプロセスは、これらのアクティビティとその流れから構成されます。アクティビティの流れとは、どのアクティビティをどのような順序で呼び出すか、それらのアクティビティの間でどのようなデータを受け渡すか、ということです。

プロセスエンジンによる実行

 このため、ビジネスプロセスを情報システム上で実装する場合、アクティビティそのものとアクティビティの流れを実装する必要があります。ビジネスプロセス マネジメントのためのITインフラストラクチャでは、このアクティビティの流れを直接実行することができます。このようなインフラストラクチャでは実装用のビジネスプロセス記述用の言語としてはBPEL(BusinessProcess Execution Language)が主流になりつつありますので、ビジネスプロセス モデリング用のツールでもBPELの生成機能を備えたものが多くなっています。ビジネスプロセス モデルからBPELを生成するツールを使うことによって、実行可能なビジネスプロセスの定義を生成することができます。

 ビジネスプロセスの中で実行されるアクティビティは、BPELを実行するプロセスエンジンから呼び出されるサービスとして実装されます。サービスの実態としては、アプリケーションプログラム、社外のプロバイダが提供するサービス、人間が実行するヒューマンタスク、ルールエンジンが実行するビジネスルールなどによる実装が考えられます(図1)。

ビジネスプロセスの実装
ビジネスプロセスの実装

 例えば、受注から出荷までのビジネスプロセスでは、受注アクティビティはヒューマンタスクとして受付担当者が人手で行い、在庫の引き当ては在庫管理システムで行い、ビジネスルールで定義した割引率をルールエンジンで計算し、クレジットカードのチャージはクレジット会社のWebサービスを呼び出すというような実装が考えられます。

次のページ
ビジネスプロセスの実装方式

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業務改善のためのビジネスプロセスマネジメント入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

竹村 司(タケムラ ツカサ)

日本アイ・ビー・エム(株)エンタープライズ・アーキテクチャー&テクノロジーシニアITアーキテクト1986年日本アイ・ビー・エム(株)入社。以来、種々のインダストリー向けアプリケーションソフトウェアやソフトウェアコンポーネントの開発に従事。現在はサービス事業において、お客様のシステム構築のためのアーキ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1398 2009/05/20 17:52

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング