Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本HP、アプリケーションの機能テストを自動化するソフトウェア最新版を発表

  2009/05/20 09:00

日本HPは19日、分散型自動機能テストソリューション「HP Functional Testing 10.0」の構成製品で、アプリケーションの自動機能テストソフトウェアの新製品「HP QuickTest Professional software 10.0」を発表した。 「HP Quality Center software 10.0」と連携させることにより、テストリソースの一元管理が可能。各現場に応じたデータのしきい値の設定や、APIのカスタマイズも同ソフト内でできるようになった。

 日本ヒューレット・パッカードは19日、アプリケーション開発における自動機能テストソフトウェアの最新版「HP QuickTest Professional software 10.0」(以下、QTP 10.0)を発表した。QTP 10.0は分散型自動機能テストソリューション「HP Functional Testing 10.0」の構成製品で「HP Quality Center software 10.0」との連携で、テストリソースの集中管理を可能としている。

 QTP 10.0はWindows対応のアプリケーション開発におけるブラックボックステストを自動実行する機能テストツール。テストオブジェクトを管理するオブジェクトリポジトリ、入力データ、ユーザ定義関数などのテストリソースを共有・再利用できる。変更の重複などによるエラーを防ぐための変更管理機能や、テストリソースを必要に応じて復元する構成管理機能などの他に、テストリソースに対して加えた変更がどのテストに影響するかを検索し通知する機能もある。また、アプリケーション実行時に使用されるクライアントマシンのシステムリソースを監視できる。Delphiアプリケーションはメモリ使用率、CPU使用率など20種類以上あるとのこと。それぞれ、任意のしきい値を超えたらエラーと判定させることもできる。

 テスト結果はPDFおよびWord文書形式で出力される。また、ウェブアプリケーション・Delphiアプリケーションに、ユーザが独自にAPIをカスタマイズすることができ、これによって独自に作成したコントロールについても記録・再生することも可能だ。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5