Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ソニー、法人向けコンテンツ管理配信システム「OPSIGATE」を発売

2009/05/20 18:00

20日、ソニーは、企業の業務やサービスにかかわる動画、静止画、文書ファイルなどのコンテンツを管理する「OPSIGATE」を発売することを発表した。「OPSIGATE」は、企業内でも増え続ける映像コンテンツや文書ファイルをIPネットワーク経由で管理、配信などを可能にするため、特殊なソフトウェアや専用回線を必要としないことが特徴だ。

 ソニーは20日、動画、静止画、文書ファイルなどの多様なコンテンツの登録・管理・配信までをサポートする、法人向けコンテンツ管理配信システム「OPSIGATE」を発売すると発表した。「OPSIGATE」は、企業内でも高まるデジタル映像や文書ファイルの管理、配信ニーズに対応する。

 「OPSIGATE」は、これらのファイルのアップロード、ダウンロード、配信などをIPネットワークを利用することで、専用回線などを必要とせず、また、端末側は通常のウェブブラウザが利用できるため、比較的低いコストで、企業内のマルチメディアコンテンツを一元管理することが可能。同時に、ファイルやメディアの保管場所の削減、アクセス管理によるセキュリティ強化、迅速な情報共有の実現をサポートする。

 これらの機能は、コンテンツ管理サーバーと管理ソフトウェアである「CMDS-100」のシステム構成によって実現される。CMDS-100の「コンテンツマネージャー」は、汎用的なフォーマットの他、MXFやMP4などの業務用カメラのデータやテープ素材からの取り込みも可能で、登録されたファイルの低解像度のプレビューファイルの自動生成、シーンの切り替えポイントのサムネイル作成、メタデータ登録による検索、編集機能を実現する。登録ファイルの閲覧は、汎用ブラウザから「コンテンツブラウザ」にアクセスすることで行う。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5