EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

変貌するERP市場とM&A最前線 ――Inforの事業売却とHexagonとの協業で浮上するKoch

edited by DB Online   2021/07/21 08:00

 独立系アナリティクス・ソリューションベンダーの老舗SASが、ブロードコムから買収交渉を受け、ERPスイート製品を提供するInforは、2021年7月7日、グローバルEAM(設備資産管理)事業を、Hexagon社に売却すると発表するなど企業や技術買収などの動きは、コロナ禍以降でも活発だ。そこで浮上してきているのがKochという新しいプレイヤーの存在だ。

 企業や技術買収などの動きは、コロナ禍でもあまり変わっていない。先日も独立系アナリティクス・ソリューションベンダーの老舗SASが、ブロードコムから買収交渉を受けているとの報道があった。SASは非上場企業で、米国ノースカロライナ州にある本社一帯はキャンパスと呼ばれ、病院や体育館、理髪店など生活に必要なさまざまな施設があり、そこで働く人たちも全てSASの正社員だ。アットホームな同社の社風は、働きやすい会社として内外から評価を受けている。

 一方ブロードコムは、ここ最近はCAやシマンテックのエンタープライズ向け製品など、積極的な買収戦略を展開している。残念ながらCAの買収は平和裏には進まなかったようで、結果的に国内市場における顧客の離脱も起きているようだ。そのため買収された暁には、SASの日本におけるビジネスも少しネガティブなものになるのではと懸念していた。結果的にはSASの創業者らが考え直し、この買収話はなくなったようだ。アフターコロナの世界では市場環境が大きく変化しており、勝ち組、負け組の様相も変わるだろう。今後は、思いもよらない買収劇が起こるかもしれない。

InforはEAMを切り離してERPコアに注力する

Infor 最高技術責任者兼製品担当プレジデント(CTO) ソーマ・ソーマサンドエーラム氏
Infor 最高技術責任者兼製品担当プレジデント(CTO) ソマ・ソマスンダラム氏

 業界特化型のクラウドERPスイート製品を提供するInforは、2021年7月7日、グローバルEAM(設備資産管理)事業を、Hexagon社に売却すると発表した。Hexagonはセンサー、ソフトウェア、自律型技術を組み合わせたデジタル・リアリティ・ソリューションのグローバル企業だ。EAM事業の売却に合わせ、InforはHexagon社と戦略的な協業関係を築くことも表明している。

 Inforの最高技術責任者兼製品担当プレジデント(CTO)のソマ・ソマスンダラム氏は、InforはEAMについては手放し業界特化型のクラウドERPスイートのコア部分に注力することにしたと言う。EAM関連のソリューションは、ここ最近APM(アセットパフォーマンス管理)の領域に拡大している。しかしInforのEAMは、APM領域まではカバーしていない。一方HexagonにはEAMはないがAPMがあり、Infor EAMと一緒になることで市場の要求に幅広く応えられるようになる。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリストとして、クラウド、データベース、ビッグデータ活用などをキーワードに、エンタープライズIT関連の取材、執筆を行っている。

バックナンバー

連載:週刊DBオンライン 谷川耕一

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5