Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SCMのフレームワークス、上場廃止へ。東証が発表

  2007/09/12 23:00

東京証券取引所は12日、マザーズ上場のフレームワークスの株式(3740)を10月13日付で上場廃止にすることを発表した。整理ポスト割当期間は、明日9月13日から来月12日まで。

 フレームワークスは平成18年5月期に経常損失669百万円、平成19年5月期に経常損失754百万円を計上し、平成19年5月期末には696百万円の債務超過の状態となっていた。また今年5月期の成績によって、昨年7月に発行した無担保社債の財務制限条項に抵触するなど、その継続には重要な疑義が生じていた。

 同社の継続は第三者割当増資や取引金融機関の協力に依存していたが、実現には至らず、そのため監査法人は、平成19年5月期における財政状態及び経営成績等を適正に表示しているかどうかについて「意見の表明をしない」旨の監査報告書を提出していた。

 株券上場廃止基準第2条の2第1項第5号は「上場会社の財務諸表等に添付される監査報告書において「意見の表明をしない」旨が記載され、かつ、その影響が重大であると当取引所が認めた場合」と定めており、今回のケースはこれに該当すると判断された。今年6月のインターネット総合研究所の上場廃止も、この基準による判断である。

【参考】 上場廃止等の決定(東証、プレスリリース)

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5