EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

東京海上日動のDXを支えるデータ戦略とは 「Macnica Networks DAY 2021 + macnica.ai」レポート

edited by Operation Online   2021/08/23 08:00

 東京海上グループは、インフラ戦略、データ戦略、組織・プロセス戦略を次世代フレームワークと位置づけてデータ活用を進めて来た。マクニカ株式会社のカンファレンス「Macnica Networks DAY 2021 + macnica.ai」の東京海上日動の講演の内容から紹介する。

渋沢栄一が作った日本最古の損害保険会社、東京海上グループのデジタル戦略

 マクニカ株式会社のカンファレンス「Macnica Networks DAY 2021 + macnica.ai」は今回、開催16回目を迎える。デジタル化が加速される中で、急務となるサイバーセキュリティ、DXを推進するAI活用などをテーマに、多彩なセッションが展開された。競争優位性に繋がるデジタルトランスフォーメーション(DX)を進める、東京海上グループからは、インフラ戦略、データ戦略、組織・プロセス戦略を次世代フレームワークと位置付けて、データ活用をどう進めて来たのか、その実際の紹介があった。

 東京海上は日本で一番古い損害保険会社で、渋沢栄一が作った数ある企業の一つ。現在グループ企業は子会社241社、関連会社 25社が世界で展開している。

東京海上日動火災保険株式会社 IT企画部 部長 兼<br />  東京海上日動システムズ株式会社 エグゼクティブオフィサー デジタルイノベーション本部長<br />  村野 剛太
東京海上日動火災保険株式会社 IT企画部 部長 兼
東京海上日動システムズ株式会社 エグゼクティブオフィサー デジタルイノベーション本部長
村野 剛太

DXを迅速、効率的に進める「次世代フレームワーク」とは

 東京海上グループはDXに向けて、大きく二つのデジタル戦略で臨んでいる。一つは社内の生産性を高め、Leanな経営体制を目指す「社内体制の変革」、もう一つは新たな成長の軸をつくり、課題解決力を強化する「価値提供の変革」である。「社内体制」は業務効率化・利便性向上を主題にAIを利用した分析や提案、RPAによる証明書作成、ブロックチェーンの活用などの取組が挙げられる。「価値提供」についてはIoT、APIなどのテクノロジーによる顧客サービスや昨今はモバイル完結型のサービスも提供している。

 こうした取組を進めるうえで、東京海上グループはDXによって目指していく姿の実現のために「次世代フレームワーク」を構築している。このフレームワークは、「データ戦略」、「インフラ戦略」、「組織・プロセス戦略」の3つの戦略で構成されている。

[クリックして拡大]

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


関連リンク

著者プロフィール

バックナンバー

連載:DX最前線

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5