EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ガートナー 一志氏が語った「進化するAI技術による情報提供の方法」 「Gartner IT Symposium/Xpo 2021」一志達也氏講演レポート

edited by DB Online   2021/12/14 06:00

 仕事で成果を上げるために、ビジネスパーソンが欲しているものは何か。データなのか、それを分析するための基盤なのか――答えは情報だと言うのは、ガートナー ディレクターアナリストの一志達也氏だ。ガートナーが2021年11月に開催した「IT Symposium/Xpo 2021」で、一志氏は『進化するAI技術で「情報提供」の方法をアップデートせよ』と題した講演を行った。企業におけるデータ活用は単純なレポーティングや可視化からセルフサービス型のデータ分析へと変化し、BI/アナリティクスは機械学習やAI技術などを用いた拡張アナリティクスへと進化している。一志氏は変化するデータ活用の市場トレンド、それをキャッチアップするためにIT部門の担当者求められる役割について解説した。

ヒアリングだけでなく実際の現場をつぶさに観察し利害関係者に提案し議論する

 データや分析基盤ではなく、仕事に役立つ情報が欲しい。その際には情報そのものが完璧である必要はない。提供されるタイミングも必ずしも完璧である必要はない。重要なのは、実際にそれが業務に役立つかどうかだ。そして、データの利活用で情報をビジネスに役立てるのは、IT部門の担当者ではなくビジネス現場の社員だ。その社員に対し、役立つ情報をIT部門は提供できているかを改めて考える必要がある。

 ところで、そもそも情報とは何か。「たとえば明日いくつおにぎりが売れるか。あるいは明日、運動会があるらしいので、おにぎりが売れそうです。または明日原油の価格が跳ね上がるみたいなので、ちょっと対応しなければと。これらが、役立つ情報です」と一志氏は言う。役立つ情報に至るところは、データにより成り立つものだ。

ガートナー ディレクターアナリスト一志達也氏
ガートナー ディレクターアナリスト一志達也氏

 データを分析し、その結果を人間が分かりやすいようにビジュアル化する。これらデータを情報にする手段は、さまざまなものがある。現在では技術が進化して、AIがデータを情報に変えるのをサポートしてくれる。しかし、「どうすれば役立つ情報になるかは、AIには分からない」と一志氏は指摘する。情報を使う人にとって何が役立つか、AIには分からないのだ。

 何が役立つかを把握するにはヒアリングをすることになる。しかし、一方的に訊くだけでは本当に必要なことは掴めない。「訊くことにプラスして、実際の仕事のやり方を見せてもらい、つぶさに観察し、さらに訊いた上で提案し議論するのです」と一志氏。そこから仮説を試してみた時に、試したことの効果を測る方法や達成したい目標を決めておくことも重要だと指摘する。そして目標に達しない際にはその原因を追及する。上手くいかない際に、撤退することもあらかじめ確認しておく。その上でフィードバックしながらこのサイクルを繰り返すしかないのだ。

 そして実際にビジネスで成果を得るには、利害関係者がいる。その人たちが新たなデータ利活用の取り組みをやりたいと思うことも重要となる。そして情報提供した結果、利害関係者の人たちにも行動を変えてもらうことをあらかじめ決めておく。「ここまでやらなければ、どこを向いて走るのか分からなくなります」と一志氏は言う。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


関連リンク

著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリストとして、クラウド、データベース、ビッグデータ活用などをキーワードに、エンタープライズIT関連の取材、執筆を行っている。

バックナンバー

連載:週刊DBオンライン 谷川耕一

もっと読む

All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5