SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

data tech 2021 レポート

「DX推進に必要な要素は4つある」――中外製薬がデジタルで目指すトップイノベーターへの道筋

進む創薬プロセスでのAI活用とヘルスケアイノベーション

 中外製薬は、2019年に策定した3ヵ年中期経営計画「IBI 21」で設定した定性/定量両方の目標を1年前倒しで達成したとし、2021年2月に新成長戦略「TOP I 2030」を発表した。「TOP I 2030」では「世界最高水準の創薬の実現」と「先進的事業モデルの構築」の2つを柱に据えている。2030年に向けてヘルスケア産業のトップイノベーター像の確立を目指す中、DXはどのような位置付けにあるのか。11月25日に行われたオンラインイベント「data tech 2021」に登壇した、同執行役員 デジタル・IT統轄部門長を務める志済聡子氏は、「中外製薬におけるDX戦略」と題した講演で、現在進行形の取り組みの詳細を語った。

DXは新成長戦略のキードライバー

 医薬品開発のビジネスは、莫大な研究開発投資と10年以上の開発期間を要することで知られている。加えて、その成功確率は0.004%とも言われている。海外のメガファーマでさえ、近年はR&Dの生産性が年々低下する傾向にあった。

 この厳しい環境で、革新的な医薬品をできるだけ早く市場に投入するには、デジタル技術、中でもAIならびに医療ビッグデータ(リアルワールドデータ)の活用が不可欠である。製薬会社が新薬の市場提供のスピードアップに成功すれば、医療関係者は患者に最先端の治療を提供できる。患者も新しい医療を享受することが可能になり、引いては健康寿命の延伸とQOL向上が実現する。政府や自治体にとっては、めぐりめぐって保健医療費の抑制にもつながり、「四方良し」を達成することが期待される。

中外製薬株式会社 執行役員 デジタル・IT統轄部門長 志済聡子氏
中外製薬株式会社 執行役員
デジタル・IT統轄部門長 志済聡子氏

 そのためにもデジタルの力が必要だ。新成長戦略「TOP I 2030」では、大きな目標として「R&Dアウトプットの倍増」「自社のグローバル品 毎年上市」の2つを掲げている。加えて、それぞれの実現に向けては、「世界最高水準の創薬技術の実現」「先進的事業モデルの構築」の達成が必要と定義し、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」をキードライバーの1つと位置付けている

 2020年に発表した「CHUGAI DIGITAL VISION 2030」でも、「デジタル技術によって中外製薬のビジネスを革新し、社会を変えるヘルスケアソリューションを提供するトップイノベーターを目指す」という目標を掲げている。そして「デジタルを活用した革新的な新薬創出」「すべてのバリューチェーン効率化」「デジタル基盤の強化」の3つの基本戦略を柱に据え、「革新的新薬を核に、真の個別化医療、QOLの向上、そしてサスティナブルな社会保障制度を実現する」というビジョンを描く。

 このビジョンと戦略も含めて「DX推進に必要な要素は4つあると考えています」と志済氏は説明する。その4つとは、既に説明した「明確なビジョンと戦略」に加えて、「トップのリーダーシップ」「人財強化・組織風土改革」「推進体制の確立」だという。

次のページ
創薬領域で進むAI活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
data tech 2021 レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/15345 2021/12/28 08:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング