SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press(PR)

二の次にしてきたバックアップが最後の砦に 大手企業や自治体でも導入進む「ランサムウェアへの切り札」

 ランサムウェアによる被害が世界中で多発している。日本でも有名企業だけでなく、中小企業や市立病院などでもインシデントが報告されるなど、もはやすべての企業にとって他人事ではいられない。特に犯罪者グループでは、RaaS(Ransomware as a Service)と呼ばれるエコシステムが形成されるなど巧妙化の一途を辿り、グローバルで国家規模の対策が推進されている。その中で、一企業としての命題は「データ」をいかに死守するかということになるだろう。今回は、バックアップソリューションの雄であるRubrikに対策を訊いた。

バックアップデータを狙う近年のランサムウェア攻撃

 相も変わらず、ランサムウェアの被害が世界中で後を絶たない。2021年は米コロニアル・パイプライン社が440万ドルもの巨額の身代金を支払った事件をはじめ、大規模なランサムウェア被害が続出して大きな話題をさらったが、これら報道されたインシデントは実際には氷山の一角だと言われている。日本国内においても2022年2月にトヨタ自動車の取引先のシステムがランサムウェアに感染し、同社国内14工場の操業が一斉に停止したことが大きな話題となった。

 このようなランサムウェアの被害を防ぐために、現在多くの企業が対策に追われているが、近年特に注目を集めているのが“データバックアップにおけるランサムウェア対策”だ。

 「ランサムウェア対策の基本は、万が一データを暗号化されても確実に復旧できるよう『しっかりバックアップを取っておくこと』だと言われてきました。しかし最近のランサムウェアは、侵入後にバックアップデータ見つけ出して削除・暗号化、バックアップシステムを破壊するなどしてデータ復旧を困難にすることで、より確実に身代金を脅し取る手口を用います」

 こう語るのは、ルーブリック・ジャパン カントリーマネージャーの石井晃一氏。ルーブリック・ジャパンは、2014年に米国で設立されたデータバックアップ製品ベンダーRubrik社の日本法人で、主にアプライアンス型のデータバックアップ/ストレージ製品を提供している。なおRubrikの製品は世界中で既に4,000社以上の企業に導入されており、日本国内でも現在ユーザー数を急速に増やしつつある。

(左から)ルーブリック・ジャパン カントリーマネージャー 石井晃一氏、同社セールス・エンジニア 中井大士氏
(左から)ルーブリック・ジャパン カントリーマネージャー 石井晃一氏
同社セールス・エンジニア 中井大士氏

 同社の製品はバックアップシステムを構成するサーバー、ストレージ、ソフトウェアなどの機能を“2U”の筐体にオールインワンでそろえ、操作性に優れたGUIコンソールを通じて極めて簡単に運用できることをうたっている。事実、同社では「1時間でセットアップ完了」「1日でデータリストア完了」というシンプルな運用性を打ち出している。こうした同社製品の特徴について、ルーブリック・ジャパン セールス・エンジニア 中井大士氏は次のように説明する。

 「これまでのデータバックアップシステムは構成がとても複雑で、その設計・構築に多くの手間とコストを要する上、データのリストア作業にも高度な熟練技を必要としました。そのため多くの企業ではデータをバックアップすることだけで満足してしまい、有事の際のリストアまでは十分に配慮が行き届いていませんでした。その点Rubrik製品では、平時のバックアップ運用を大幅に効率化するとともに、万が一の際のリストア作業も“誰もが”素早く簡単に実行できるようになっています」

次のページ
ランサムウェアからデータを保護する機能を標準装備

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

吉村 哲樹(ヨシムラ テツキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/15910 2022/05/27 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング