SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

「3年でほぼ全ての金融機関の参画目指す」長年の課題を打破できるか、金融データ活用推進協会の方策とは

AIはもう当たり前。いかに金融データを活用していくべきか

 ここ数年、さまざまなフィンテックサービスが登場している一方、メガバンクを中心とした金融機関によるデータ活用のスピードが遅いと感じている人もいるだろう。この背景には、金融機関同士の交流が少なく、情報やノウハウの共有がされていなかったことがあるという。各金融機関が個別に取り組んでいるため、なかなか金融データの活用が進まないという状況を打破するため、金融データ活用推進協会が設立された。業界のトップランナーたちが参加し、いくつもの委員会が立ち上げられ、目標へ向けた取り組みが進んでいる。金融データ活用推進協会が今取り組んでいること、そして今後の展望を聞いた。

金融業界のデジタル活用を底上げするために、業界内のコミュニティを社団法人化

 金融データ活用推進協会(FDUA)は、金融業界のデータ活用における水準の向上を目的に組成され、勉強会や意見交換会などを通して、さまざまな技術やノウハウを金融機関で共有できるよう取り組んでいる。

 同協会の前身組織は、2020年12月から活動していた「金融事業×人工知能コミュニティ」。このコミュニティは大手金融機関のメンバーを中心としたものであり、各行の共通課題として“横のつながりをつくる”ことを認識していたという。つまり、金融機関ごとに壁を隔てており横のつながりがなく、各社が似たような課題を抱えながら独自に取り組んでいたのである。

 当然、競争領域であれば共有はできない。しかし代表理事の岡田拓郎氏(デジタル庁)は「たとえば、人材育成や基本的なデータの取り扱いといった領域であれば共有は可能です。そうした情報共有をすることがお互いのためになり、どんどんと“横のつながり”を広げていくことで業界全体の底上げになると考えています」という。そうしたビジョンをもって金融データ活用推進協会の設立に至っている。

金融データ活用推進協会 代表理事 岡田拓郎氏
金融データ活用推進協会 代表理事 岡田拓郎氏

 前身のコミュニティは、いわば最先端のデータ活用事例を共有するための場だった。参加メンバーも、業界のAIシステム導入などでトップ争いをしている猛者ばかりである。一方で、このコミュニティだけで情報を共有し、意見交換をしても、“金融業界そのもの”は決して盛り上がらない。そこでコミュニティの一般社団法人化を推進。組織化されることで金融機関が参加しやすくなったという。

 「協会が今後予定しているコンペティションの審査員にも、金融機関の役員クラスの方が参加することが決まっています。結果的に、社団法人化してとてもよかったと思っています」(岡田氏)

 協会の設立にあたって必要としたのが、「実務のわかるプロフェッショナル」。そのため、5年後10年後も金融業界のデータ活用を引っ張っていけるトップランナーに声をかけ、理事として参画してもらっている。そのうちの一人が、顧問として参加している野口竜司氏(ELYZA)である。野口氏は著書に『文系AI人材になる―統計・プログラム知識は不要』(東洋経済新報社)を持ち、多くのAIプロジェクトに携わるAI活用の第一人者だ。

 顧問として参画した理由について野口氏は、「自分が金融業界の人間ではないからこそ、他業界の動向や業界を越えたトレンドなどを発信できる」と説明する。そして「金融業界では特に予測系のAI、そのためのデータ活用が散見されます。今後は、会話系AIなどのトレンドについて、どのように浸透させ活用していくのかを提案する役割も担っていると考えています」と語った。

次のページ
まず必要なのは金融業界内の情報の共有、それが正常な競争のスタートになる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森 英信(モリ ヒデノブ)

就職情報誌やMac雑誌の編集業務、モバイルコンテンツ制作会社勤務を経て、2005年に編集プロダクション業務やWebシステム開発事業を展開する会社・アンジーを創業。編集プロダクション業務においては、IT・HR関連の事例取材に加え、英語での海外スタートアップ取材などを手がける。独自開発のAI文字起こし・...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

岡本 拓也(編集部)(オカモト タクヤ)

メディア部門 メディア編集部 EnterpriseZine編集を担当

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16639 2022/09/26 08:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング