SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

「Web3.0が来たぞ!」と言うために足りないものとは? 人気エバンジェリスト西脇資哲氏に訊ねる

新時代の到来にも適応できる、プレゼンテーションやコミュニケーションで磨くべき“不変の本質”とは


 企業の魅力やサービスの提供価値を最大限に伝える専門職、「エバンジェリスト」と呼ばれる役割が注目を集めている。その第一人者とも言える、マイクロソフトのカリスマエバンジェリスト西脇資哲氏は、月30件ものオンラインプレゼンテーションを実施し、マイクロソフトのセールスおよび企業価値向上に貢献。IT領域において、自身も高いプレゼンスを発揮している。そんな西脇氏は、ブロックチェーンやメタバースなどの一般化が進む「Web3.0」について、どのように捉えているのか。その見解や予測を踏まえ、IT領域に身を置く人が備えるべき事項について示唆をいただいた。

注目集める「Web3.0」に期待もサービスなどに課題

──近年、ブロックチェーンやメタバースなど新たな技術の実用化が進み、次世代のインターネットの在り方を表す概念として「Web3.0」が急速に注目を集めています。

 本当にさまざまなテクノロジーが出てきましたよね。カギとなるのは「ブロックチェーン」の技術です。これまでWeb2.0を牽引してきたGAFAに代わり、「DAO(ダオ)」と呼ばれる分散型自律組織が注目されたり、コピーが容易なデジタルコンテンツに資産的価値を付与する「NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)」が実用化しつつあるなど、ブロックチェーンを軸とした様々なテクノロジーが続々と登場しています。メタバースも空間の定義という意味では、ブロックチェーンの活用例の一つといえるでしょう。

 もちろん、一つひとつのテクノロジーやサービスについて、本当に浸透するかどうかはわかりませんが、「誰もがそろそろ新しい波が来ることを感じて期待している」状況であることは間違いないと断言できます。多くの人がWeb2.0時代のプレーヤーであるGAFAをはじめ、SNSではFacebookやTwitterなどの大活躍に飽き飽きしていて、「もういいでしょ」と心理的な変化が起きている。そういたネガティブな気持ちからも、新しいプレーヤーに対する待望やプラットフォームの変化などポジティブな期待感も高まっています。「変わりたい」「変わってほしい」というエネルギーが満ちてきていて、実際のところ「今を変えたい」という人は、「必死に頑張っている」フェーズなのではないでしょうか。

──マイクロソフトは、Web2.0の勝ち組として挙げられることも多いですね。そんな同社のエバンジェリストとして活躍する西脇さんは、Web3.0に対してどのような期待を抱いているのでしょうか。

 まず、一般論でいえばWeb1.0の時代、いわゆるブログやWebサイトなど情報の流れが一方通行だったものがWeb2.0で双方向になったわけですよね。そこに空間の定義が加わり新しい経済活動が起きることがWeb3.0であり、様々な可能性が広がっています。たとえば、ネット上での会議は平面でしたが、それが空間に広がってくるとメタバースはもちろん、デジタルツインのようなネット上に『もう一つの地球』ができるなど、新しい空間が作られるでしょう。そのような空間的な拡張に期待をしています。

マイクロソフト株式会社 テクニカル・ソリューション・エバンジェリスト 西脇資哲氏
日本マイクロソフト株式会社 テクニカル・ソリューション・エバンジェリスト 西脇資哲氏

 そして二つ目は、リアルで実現できることだけでなく、それ以上のことも含めて誰でも参加できるような世界を実現できる点です。私たちのいるリアル空間では、ハンディキャップをもつ人にとって参加しにくい領域がまだ残っていると思います。でも、Web3.0の世界になれば、その制約がもっと小さくなり、誰もが自由に参加できるようになるのではないでしょうか。たとえば、家にいながらベッドの上からでもまったく別の世界に行き、実空間と同じ体験をするなど、色々なことができるようになるでしょう。もちろん、Web2.0の世界も残りますが、新しい空間やコミュニティが登場し共存するイメージですね。

 ただ、私がはっきりと「Web3.0が来たぞ!」と宣言できないのは、Web3.0を代表する『キラーアプリ』がまだ登場していないからです。メタバースが話題になっても、まだ決して「普及した」と言えるレベルにはなっていないですよね。現に何億円もかけたメタバース空間に行ってみても毎日10人しか来ていないとか、残念ながらそれが実情です。Web2.0におけるTwitterやFacebookなどに該当するサービスやコンテンツが出てこないと、「Web3.0到来!」とは言い難いでしょう。

社会人や経営者はもちろん、学生から芸能人までが受講!
12年の歳月をかけて進化してきた「西脇メソッド」は体験必須です!

 

今回インタビューに応えてくれたエバンジェリスト西脇資哲氏による『新エバンジェリスト養成講座』は、申し込みを受け付けております! Web3.0を見据えてテクニックを磨きたい方、明日から使える具体的手法が知りたい方など、「コミュニケーション、プレゼンテーションがうまくなりたい!」と考えている、すべての方にお薦めの内容です。ぜひ、お気軽にお申し込みください!

次のページ
広がる可能性にインフラは成熟も、ソフト面ではまだまだ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤真美(イトウ マミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ビジネスやIT系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

岡本 拓也(編集部)(オカモト タクヤ)

メディア部門 メディア編集部 EnterpriseZine編集を担当

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16882 2022/11/14 10:53

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング