Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

リアルタイム性能の最適化とシステムコストの削減を支援 日本HPとレッドハットが金融機関向けに、Linuxへの移行支援プログラムを提供開始

  2009/07/30 17:26

日本HPとレッドハット株式会社が、金融システム向けにLinuxベースのプラットフォームへの移行を支援するプログラム「ReaLISM (Realtime Linux Infrastructurefor Server Migration)」の提供を開始する。また、提供開始に伴い、両社は「HP金融グリッドセンター」内に、「金融機関向けLinuxリアルタイムシステム構築支援オフィス」を設立。営業活動および構築支援サービスの提供を共同で行っていくという。

日本HPとレッドハットでは、インテル最新のマイクロアーキテクチャーに基づくインテル  Xeon プロセッサー5500番台を搭載するHP ProLiant サーバー Generation 6とRed HatのリアルタイムOS「Red Hat Enterprise MRG Realtime」の組み合わせによるリアルタイムの金融システム構築を支援するためのプログラム「ReaLISM」の提供する。

日本HPが総合的なサービス提供窓口となり、リアルタイムシステムの提案とデザイン、および、アプリケーションのポーティング支援やチューニング支援、検証などを行うという。

今後は、日本HPとレッドハットの協業チームから、共同マーケティングやプリセールス、構築支援などが提供される予定。

また両社は「HP金融グリッドセンター」において「ReaLISM」プログラムを利用した共同検証を行い、その結果をウェブなどで公開していく。

【関連URL】
・「HP金融グリッドセンター」ウェブサイト:
 http://h50146.www5.hp.com/solutions/industry/finance/grid/center.html
 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5