Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本IBMとノベルが協業、Solarisサーバーからの移行でTCOを約7割削減

  2009/08/06 18:04

ノベルと日本IBMはSolarisユーザー向けに、「SUSE  Linux Enterprise Server」OSを搭載したIBMのスケールアップ型サーバー製品群への移行支援プログラム「リナックス搭載スケールアップ型サーバー移行支援プログラム(SUPRI:SUSELinux Enterprise Server Scale Up Migration Program Running on IBM)」を提供することを発表した。

ノベルと日本IBMでは、基幹システムの中でも特にデータベース・サーバーの移行が最もコスト削減効果が大きいと考えており、今回のプログラムは主にデータベース・サーバーの移行が対象。

日本IBMの試算では、Solarisで稼働する16台のデータベース・サーバーを、IBMのスケールアップ型サーバー1台へ統合することにより、サーバーの保守料金やソフトウェアの使用料金も含めた5年間の総所有コスト(TCO)を約70%削減し、CO2排出量も約80%削減できると見込んでいるという。

日本IBMはSUSE Linux Enterprise Server関連のスケールアップ型サーバーへの移行にあたり、「効果の無償アセスメント」「移行作業にかかる費用の無償見積もり」「移行計画立案のための支援」「有償移行サービス」「通常価格の50%とした3年間の対象サーバー保守」「簿価相当による引取りの検討や、支払い期間を6ヶ月据え置くリースや、初年度の支払いをお支払い総額の10%にする「ステップ・ペイメント・リース」などを提供。

一方、ノベルでは、IBMのスケールアップ型サーバーのハイエンド・モデルとノベルのSUSE Linux Enterprise Serverによる環境で、以下の業界最高水準の保守サポート・サービスをSUSE Linux Enterprise Server  10以降のバージョンに対し提供する。
 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5