Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

コミュニティー内の共同作業を促進する「IBM Lotus Connections 2.5」 日本IBMがソーシャル・ソフトウェアの新製品を発表

  2009/08/19 18:34

日本IBMは、ビジネス・モデルの変革や社内外の連携、協業などを通じて、企業の成長を支えるスマートな働き方「Smart Work(スマート・ワーク)」ソリューションのひとつとして、企業内、社外の専門家や顧客、ビジネス・パートナーをつなぐソーシャル・ソフトウェアの新製品「IBM Lotus Connections 2.5」の提供を、8月29日より開始する。

「IBM Lotus  Connections」は、コミュニケーションやコラボレーションを支援する各種機能を「コンポーネント」として提供。例えば「プロフィール」では、登録者の写真や経歴、専門分野、アクセス先、組織構成などが表示される。「プロフィール」を通じて、誰が専門的な知識を有するかを把握することができ、様々な分野の専門家が「コミュニティー」に集まり、情報共有やディスカッションなどを促進するのが狙いだ。

本日発表の新製品では、コミュニティー内でのアクティビティー共有ができるようになったなど、各コンポーネント間の連携を強化。コミュニティー内のコラボレーション作業がより活発に実施できるようになっている。また「ファイル共有」および「Wiki」の二つのコンポーネントが追加された。

「ファイル共有」は、あるコミュニティーのメンバーが添付した資料に対し、コミュニティーの誰がダウンロードしたかの確認、資料に対するコメント記入、参照者が更新した際の資料のバージョン管理、さらには資料への細かいアクセス制御などが行える。一方の「Wiki」は、誰でもWeb上でコンテンツの編集と共有が行える機能。

その他、「ホームページ」にて重要情報の表示方法をカスタマイズができる機能や個人のブラウザのブックマーク情報をインポートできる機能など、既存サービスに新機能が追加されている。

 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5