SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Security Online Press(AD)

韓国版マイナンバーがいち早く直面した個人情報保護の課題、「対策の肝」となる先進事例を現地専門家に訊く

韓国外務省やボルボ採用のペンタセキュリティシステムズ有識者が語る、暗号化の重要性

韓国もたどった「規制・罰則強化」の流れは日本でも?

 一方、日本のマイナンバーは韓国の住民登録番号とは異なり、ID自体には本人を特定できる情報は含まれていない。この点だけに注目すれば、マイナンバー利用範囲の拡大による個人情報漏えいリスクは低いようにも思えるが、今後マイナンバーが銀行口座など外部の様々な情報と紐づけられると個人情報が特定されるリスクが高まるとも言われている。

 「そうなれば、日本もかつて韓国がたどったように、国民IDの普及を機に大規模な個人情報漏えいが発生するリスクが高まると予想されます。現在の日本の法律では、個人情報の暗号化措置は推奨事項とされています。しかし、いずれは韓国と同じように、法律で義務化されるのではないかと思います」と、イ氏はかつて韓国が歩んだ道を、今後日本もたどるのではないかと警鐘を鳴らす。

 またイ氏は、韓国企業と比べた場合の日本企業のセキュリティ対策の特徴について、次のように指摘する。

 「日本企業はPCなどへのサイバー攻撃をブロックするためのエンドポイントセキュリティ対策にはかなり力を入れている半面、サーバーを守るための対策は比較的手薄な印象を受けます。本来ならエンドポイント対策が突破された場合に備えて、サーバー上のデータを暗号化したり、それらに対するアクセス制御をしっかりと管理したりする必要があります」

 韓国では、万が一インシデントが発生した場合、真っ先に企業による説明責任が求められると同時に、法律によって企業の経営トップの責任が厳しく問われる。過去には、深刻なインシデントを引き起こした企業の経営トップが逮捕される事態にまで発展したケースもあったという。

 日本でも先般の個人情報保護法改正で罰則が厳しくなったものの、海外と比べると企業に課せられる罰則は軽く、また経営トップが重い罪に問われることもない。裏を返せば、日本ではこれまで、韓国が経験したような大規模な個人情報流出が続発するような最悪のケースを回避できているととらえることもできる。今後、官民双方でデータ流通がさらに加速するであろうことを考えると、日本も徐々に海外に倣って規制や罰則を強化していくことも十分予想される。

次のページ
韓国企業が過去に直面した課題とその対策

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
Security Online Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

吉村 哲樹(ヨシムラ テツキ)

早稲田大学政治経済学部卒業後、メーカー系システムインテグレーターにてソフトウェア開発に従事。その後、外資系ソフトウェアベンダーでコンサルタント、IT系Webメディアで編集者を務めた後、現在はフリーライターとして活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:ペンタセキュリティシステムズ株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/17881 2023/06/23 10:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング