SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IT Initiativeスペシャル

運用管理品質の最適化と人的負荷を軽減コスト削減に大きく貢献する「NetIQ Aegis」

IT投資額の7割を占めると言われている運用保守コスト。その背景には情報システムが複雑・肥大化していることもあるが、自動化できるにもかかわらず、人手によって行われている作業が数多くある。NetIQ Aegisは反復的な作業を自動化するだけではなく、それらのタスクを集約し、ITILと手順書で定義された運用の規律を徹底するツールだ。これを導入することで、運用担当者の負荷軽減およびコストの削減が期待できる。

お知らせ

運用管理最適化とコスト削減を実現するITプロセスの自動化について詳しく知りたい方はこちらで資料をダウンロードいただけます。

人手に頼る運用保守業務を見直す

 景気の低迷が続く中、企業のIT 投資も削減傾向にある。中でも企業が削減したいと考えているのが、運用保守コストである。

 日本企業の運用保守のサービスレベルは手厚い。同じシステム規模の米国の企業と比較すると、10倍もの要員がいる場合もあるとも言われている。なぜ、それほどまでに運用保守業務に対して手厚いのか。

 その理由の1つは、日本人特有の品質に対するこだわりの強さである。例えば、何台かあるサーバーのうちの1台が壊れてもシステムが適正に動いているのであれば、欧米の企業では即壊れたサーバーの修理に取り組まないことが多い。それはユーザーから見た可用性には問題がないからである。

 一方、日本企業の多くはシステムが適正に動いていたとしても、ただちに壊れたサーバーを直そうとする。常に高いサービスレベルが期待されているが、明確な手順が規定されないまま、多くの作業が保守要員のスキルや判断に依存しているために、結果として多くの要員を抱える必要があるからだ。

 IT が企業の経営に密接に関係している今、運用保守の品質を追及することは素晴らしいことである。しかしシステムが適正に動いている、つまりユーザーから見た可用性が変わらないのであれば、その運用保守コストは、企業にとって実質的なメリットを与えていないとも言える。このように実質的なメリットをもたらさない運用管理のプロセスが、日本企業にはまだまだ多く存在している。コストを削減するには、まず属人的な運用保守のあり方自体を見直し、変えることが求められている。

 NetIQでは、このような企業が抱えている課題を解決するソリューションを用意している。それがNetIQ Aegis だ。NetIQ Aegis は、NetIQ ユーザーのニーズを反映して、開発された製品である。運用保守における手順書やITIL ベースのプロセスをモデル化、自動化、計測、改善するためのソフトウェアプラットフォームでIT 運用の制御と自動化を行う(図1)。

 これまで、NetIQでは運用保守分野におけるAppManager Suite(AM)、Directoryand Resource  Administrator(DRA)、Group Policy Administrator(GPA)、Secure Configuration Manager(SCM)を投入してきた。それぞれのツールがシステム監視業務、ID 管理業務、セキュリティ/ コンプライアンス業務を担っているのだ。

図1:NetIQ Aegis

次のページ
Aegis導入で人的作業の9割近くを自動化できる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
IT Initiativeスペシャル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

望岡 信一()

NetIQ 株式会社 代表取締役社長

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1821 2009/10/22 11:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング