SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

なぜマネックス証券は基幹システムの内製化に挑んだのか──CIO 後藤浩氏が進める、次世代証券システム

 マネックス証券は、2017年から基幹システムを自社で構築した「GALAXY」へと切り替えた。なぜ内製化による切り替えを行い、どのように成功させたのか。DXや今後の方向性とあわせて、マネックス証券 執行役員 開発本部長の後藤浩氏に伺った。

なぜコストと労力をかけてまで基幹システムを内製したのか

 マネックス証券は、株や投資信託など幅広い商品を取り扱うネット証券会社。手数料の安さや少額投資ができることから初心者に親しみやすく、資産管理ツールや投資情報提供が充実しているところが人気を呼び、口座開設数は216万口座を突破している。1999年に前身となるマネックスが設立され、日興ビーンズ証券との統合を経て、2005年から現在のマネックス証券となったことを憶えている方も少なくないだろう。

 そのマネックス証券が元々使用していたのは、SMBC日興證券グループの日興システムソリューションズ(NKSOL)が提供するシステム(ASPサービス)。今回話を伺ったマネックス証券のCIOでもある後藤浩氏は入社が日興證券で、このNKSOLに出向したこともある人物だ。

 金融系企業であればシステム子会社が開発したシステムを使うことはよくある。しかし、そこから脱却して内製システムへと移行するケースは少ない。同社が基幹システムの移行準備を始めたのは2009年頃まで遡る。

 そもそも、なぜ内製システムに移行しようと考えたのか。後藤氏は「自由度の高さ」を挙げる。業務をよく知る企業が開発したとしても、他社システムである限り「ここまでしかできない」「この環境やこの条件でないとできない」など何らかの制約を受けてしまう。自社システムとして構築してしまえば、経営方針や業務に沿ったシステムを実現できるなど、制約から解放されるメリットは大きい。たとえば、直近では2024年から「新NISA」制度が開始となるが、こうした制度変更時に独自性を出すなどの柔軟さも生まれるだろう。

 ただし、コストや労力は格段に増える。企画や設計、開発など、内製する以上はすべて自社でやらなくてはならない。後藤氏も「大変になる」ことは重々覚悟した上での船出だったと振り返る。コストや労力の負担を考慮してもなお、既存システムに依存することなく自由度を高められることで得られるメリットは大きいと判断したからだ。

マネックス証券 執行役員 開発本部長 後藤浩氏
マネックス証券 執行役員 開発本部長 後藤浩氏

 まず、後藤氏が行ったことは人を集めること。システム部門などから集めたメンバーに加えて、SCSKからの出向メンバーによる混成チームを結成した。最初に着手したのは、株と投資信託のシステム。これをパイロット導入したのが2011年だった。

 このとき幸運にも完全にゼロからのスクラッチ開発ではなく、当時の開発メンバーに加わっていたSCSKがかつて持っていた証券システム「EST REX(エストレックス)」をベースに開発を進めることができたという。もちろん、「EST REX」がマネックス証券の業務要件を満たすことは難しくも、内製化においてベースとなるシステムの存在があったことは大きい。

 スモールスタートで成果を出したことを皮切りに、総合的なオンライン証券サービスに対応できる基幹システムの開発に乗り出していく。名前は「GALAXY」、これまで使用していたシステムを参考にしつつ、設計を起こしていくことから始めた。

 しかし、システムリプレイスに向けて開発を進めていく中、2016年時点でコストは当初見積額の倍に。それでも前に進めたことについて、後藤氏は「経営がしっかり『やるんだ』という意思を持っているからです。もし、方針がぐらぐらしていたなら、プロジェクトは完遂できなかったでしょうね」と振り返る。

 結果的に、従前のNKSOLのシステムからGALAXYに切り替えできたのが2017年。開発期間中、最も重荷となっていたのはNKSOLの保守運用と並行してGALAXYを開発しなくてはならないことだった。ここは切り替えならではの負担となる。GALAXY開発のためにNKSOLでのシステム開発を抑えなければならず、新サービスが提供できない場面もあった。

 そのため、2017年にGALAXYをリリースした段階では、競合他社に比べると機能が充実しているとは言い切れない状態に。加えてリリース直後には大小いろいろなトラブルにも見舞われた。リリース後しばらくは安定稼働と機能充実、加えて内製化体制の整備に取り組むなど土台作りに専念した時期が続くことになる。

次のページ
土台固めが終わると「攻めのDX」へ 重要なのはスピードだ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

EnterpriseZine/Security Online キュレーターフリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。Webサイト:https://emiekayama.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/18437 2023/10/17 08:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング