SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Security Online Press(AD)

なぜRubrikは顧客満足度が高いのか?──医療法人/レジェンドユーザー自らが評価ポイントを語る

「FORWARD TOKYO 2023」ユーザーパネルディスカッション

 2023年9月1日に開催されたRubrik Japanのカンファレンスイベント「FORWARD TOKYO 2023」では、多くのRubrikユーザー自らがソリューションの活用状況を紹介した。ユーザーのパネルディスカッションから、なぜRubrikを選び、使い続け、そして他ベンダーの平均値を大きく上回るNPS(顧客満足度を測る指標)につながっているのかを探る。

相次いだ医療業界のランサムウェア被害が契機に

 愛仁会は大阪府と兵庫県で急性期病院4施設、回復期病院2施設、介護施設6施設、健診センター2施設、看護専門学校2校を運営する社会医療法人だ。公益性の高い法人として「質の高い医療と介護を効率的に提供する事で、地域社会の健康と幸福に寄与する」がミッションとなっている。

 愛仁会グループの経営機能を担うのが愛仁会本部だ。「法人グループ全体のITの運用管理やセキュリティの確保、重要な電子カルテをはじめとする病院医療システムの運用も業務に含まれます」と話すのは、愛仁会本部 情報システム部門 部長の田中信吾氏だ。

画像を説明するテキストなくても可
愛仁会本部 情報システム部門 部長 田中信吾氏

 愛仁会でRubrikの導入を検討した背景に、他の医療機関がランサムウェア被害に遭う事例が話題となったことが挙げられるという。特に「大阪急性期・総合医療センターの被害は、大きなインパクトがありました」と田中氏。同じ大阪府で医療を提供しており、IT担当者だけでなく医療現場スタッフも大きな不安を抱えることとなる。さらに、国内で多くのランサムウェアの被害が出たことで、厚生労働省からも対策ガイドラインが出た。医療機関ではガイドラインに沿った対応が必要で「ランサムウェアだけでなく医療機関としてのBCP対策も求められています」と言う。

 こういった状況と合わせ、愛仁会では電子カルテを中心とする病院情報システムの更改時期も迎えていた。そのためまずは、2023年9月に更新となる382床の明石医療センター、2023年10月に更新する127床の井上病院を対象にした。明石医療センターは地域の基幹病院であり、井上病院は透析の病院で、どちらもサービスを止めることが許されない病院だ。これらにRubrikを導入し、ランサムウェアの対策を実施した。

 明石医療センターには仮想マシンが47システム、物理サーバーが8システム、ファイルサーバーは2台あり、合計90テラバイトのストレージにデータが保管されている。井上病院は仮想マシンが12、物理サーバーも12、ファイルサーバーは3台で、30テラバイトのストレージ容量となる。これらのシステム環境を、容易にバックアップできるソリューションを検討したところRubrikが選ばれたという。

画像を説明するテキストなくても可
クリックすると拡大します

次のページ
“閉域網神話”が崩壊した今、少ない人員でどう守る

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Security Online Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:Rubrik Japan株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/18440 2023/12/25 10:47

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング