SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

資生堂、キート氏が語ったビジネス変革の原則:「FOCUSプログラム」で取り組むグローバル標準化の4つの柱

資生堂 フランソワ・キート氏 講演「SAP NOW Japan」レポート


 パンデミックや地政学リスクの高まりなど、変化に強いサプライチェーンが求められている。その実現に向けては、正しい状況把握と意思決定ができる環境を整備する必要がある。2023年9月22日にSAPジャパンが開催した「SAP NOW Japan」。特別講演「次世代モノづくりに向けたレジリエントなサプライチェーン改革」では、資生堂のフランソワ・キート氏が、主に生産計画と在庫の最適化の観点からこれまでの変革を振り返った。

「グローバルシングルインスタンス」にこだわった理由

株式会社資生堂 ビジネストランスフォーメーション部 部長 フランソワ・キート氏
株式会社資生堂 ビジネストランスフォーメーション部 部長 フランソワ・キート氏

 資生堂がFOCUS(First One Connected and Unified Shiseido)プログラムと呼ぶ取り組みを開始したのは2019年11月に遡る。冒頭、キート氏は「FOCUSはITプロジェクトではない。ビジネス変革プログラムであり、真のグローバルカンパニーとして投資家に約束した成長を加速させることを実現しなくてはならない」と訴えた。

 DXのゴールは自社のビジネスを変えること。全員承知でDXプロジェクトに取り組み始めたが、いつの間にか新システムが問題なく稼働するかが最大の優先事項になってしまう。心当たりのある日本企業のデジタル担当者は多いのではないか。講演中、キート氏は何度もFOCUSがビジネス変革プログラムであることを強調していた。そのFOCUSで行っていることは、「世界中の人々をつなげること」「世界中のプロセスを標準化すること」「ブランドと機能をつなげること」だ。

 この3つを実現するため、資生堂は変革のベストプラクティスが組み込まれたテクノロジーを採用した。選択したのはSAP製品である。主にSAP S/4HANA、SAP Integrated Business Planning(IBP)、SAP Aribaなどを導入した。この他、Business Planning Consolidation(BPC)やSuccessFactorsなども利用している。テクノロジー導入で資生堂がこだわったのは、これらすべてを「グローバルシングルインスタンス」で利用することだ。シングルインスタンス環境では、地理的拠点が分散していても、すべての部署、すべての子会社及び関係会社のユーザーが同じシステムを利用する。単一システムにすることで、全社員がデータを共通の視点で見ることができる利点がある。

 全体最適の観点では、このシングルインスタンスは理想的に見えるが、実際はどの企業にとっても非常に難しい挑戦になる。さらに、グローバル共通のインスタンスに移行するともなれば、さらに難易度は上がる。だが、「資生堂にとっては、グローバルシングルインスタンス以外に選択肢はなかった」とキート氏は説明する。特に苦労した点として、キート氏が挙げたのは「標準化」である。通常、マルチインスタンスからシングルインスタンスに移行する場合、データベースを1つに集約しなくてはならない。その際、マルチインスタンス環境で運用しているデータ同士のコンフリクト解消に配慮することが必要だ。業務を変えたくない現場の抵抗に遭うことも容易に想像できる。それでも、シングルインスタンスへ移行するならば、標準化は避けて通れない。資生堂はやり抜くことに決めた。

次のページ
全社在庫計画の最適化が財務健全性に貢献

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

 IT調査会社(ITR、IDC Japan)で、エンタープライズIT分野におけるソフトウエアの調査プロジェクトを担当する。その傍らITコンサルタントとして、ユーザー企業を対象としたITマネジメント領域を中心としたコンサルティングプロジェクトを経験。現在はフリーランスのITアナリスト兼ITコンサルタン...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/18619 2023/10/26 17:47

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング