Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

富士通SSLとITIL取得率100%のSSL/PSが連携、システム運用管理サービスを強化

2009/12/24 20:12

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(以下:富士通SSL)が、SSLパワードサービス(SSL/PS)との連携強化により、システム運用管理サービスを強化・拡充することを発表した。

富士通SSLは2005年11月、サービスデスク業務に従事していたメンバーを中心に、サポート業務の専門会社であるSSL/PSを設立し、連携してシステム運用管理サービスを提供してきた。同社は、自社で開発したソリューション商品群である「PoweredSolution」やシステムの保守・サポート業務をSSL/PSに委託し、運用管理サービスを提供している。

一方の、SSL/PSは、社員全員がシステム開発を経験しており、かつ、システム運用従事者の基本資格であるITILファンデーションを全社員が取得。SSL/PS では、24時間365日、富士通SSLのクライアントに対するサポート業務のほか、一般のクライアントに対してもサービスデスクやシステムの運用代行業務などを行っている。

今回SSL/PSは、ITILファンデーションの全社員取得を機に、サービスメニューの見直しと新規サービスの追加を行い、12月21日より提供を開始している。


【関連URL)
・SSL/PSのサービスメニュー
 http://www.sslps.com/p1_service.html
 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5