SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Events & Seminars

これからの企業の情報共有はmixiとtwitterが主流に?~Cloudforce 2 Tour Tokyo

Cloudforce 2 Tour Tokyo 基調講演レポート


セールスフォース・ドットコムは4月15日(木)、企業向けクラウドコンピューティング・イベント「Cloudforce 2 Tour Tokyo」を開催した。

Salesforceが提案する新しい情報共有の形

 セールスフォース・ドットコムが開催する企業向けクラウドコンピューティング・イベント「Cloudforce 2 Tour Tokyo」。基調講演には、来日した米国セールスフォース・ドットコム プレジデント兼チーフ・セールス・オフィサーのフランク・ヴァン・ヴィーネンダール氏が登壇。クラウド市場における同社の業績や新サービス「Salesforce Chatter」の説明を行った。

フランク・ヴァン・ヴィーネンダール氏
フランク・ヴァン・ヴィーネンダール氏

 今回のイベントの目玉は、日本でのプライベートベータ・プログラム開始が同日発表された「Salesforce Chatter(以下、Chatter)」。Chatterは、Facebookやmixiのようなソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)をベースに、twitterのようなつぶやき機能を組み合わせた、企業内の情報共有や共同作業を促進するためのアプリケーションだ。

Salesforce Chatter
Salesforce Chatter

 「現在のビジネス環境の課題は情報が多すぎることにある」。ヴィーネンダール氏は今の企業が抱える慢性的な課題について分析する。「社内に膨大な情報があるにもかかわらず、そのほとんどが活用できていない。そのことがビジネスにとって損失をもたらすことがある」。

 例えば、失注した後にクライアント企業のキーパーソンとのパスが社内にあることが発覚したり、商品の価格表が更新されていることに気がつかず顧客に提案をしてしまうなど、情報の共有・アップデートができていないことによって生じるビジネスへの損害を指す。

 「今求められているものはリアルタイム性だ。従来のコラボレーション・ツールは情報をプッシュする技術が不十分だったためそのリアルタイム性に欠けていた。MicrosoftのSharePointで情報共有はできるだろう。しかし、その何千というデータベースからどうやって必要な情報を探し出すことができるだろうか。もっと別の方法が必要だということだ」(ヴィーネンダール氏)。

 「現実的な」情報共有の実現手段を模索した結果、たどり着いたのがコンシューマ向けのソーシャル・サービスだった。「われわれが求めていることは、AmazonやeBayといった消費者の世界では実現できている。mixiやFacebookが達成したことをビジネスでもやりたい」。そんな理念の下、新たにセールスフォース・ドットコムのサービスに加わったのが、今回発表されたChatterというわけだ。

次のページ
プッシュ配信によって情報取得に掛かる手間やリスクを削減

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Events & Seminars連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2275 2010/04/15 19:54

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング