Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

富士通のPCサーバPRIMERGY・ストレージシステムETERNUSにSymantec FileStoreを搭載 シマンテックがスケールアウト型NASソフトウェアで富士通と協業

  2010/06/24 14:51

シマンテックがスケーラブル・ファイルサーバ・ソフトウェア、Symantec FileStore(シマンテック・ファイルストア)を発表した。日本市場においては富士通PCサーバPRIMERGYとストレージシステムETERNUSに搭載する、アプライアンス・ソフトウェアの形で出荷される。7月26日より提供開始予定。

6月23日、シマンテックにて行われた発表会では、5月18日に同社代表取締役に就任したばかりの河村浩明氏が挨拶を行った。

株式会社シマンテック 代表取締役社長 河村浩明氏
「IT2大トレンドは『ITのコンシューマー化』と『クラウド』」
株式会社シマンテック
代表取締役社長 河村浩明氏

ITをめぐる2つのトレンドとして河村氏は、「ITのコンシューマー化」と「クラウド」を挙げたうえで、「セキュリティをどう担保するか」「膨大なサーバー・ストレージをどう運用していくか」の2点を課題であると指摘。

セキュリティに関しては、同社によるベリサインの買収が記憶に新しいが、今回の発表ではサーバー・ストレージの運用に焦点をあてたものとなった。

同社プロダクトマーケティング部 朝倉英夫氏によれば、現在、企業におけるデータの約95%までが、データベースに格納されるタイプの構造化データとは異なる、電子メール等の非構造化データであり、この非構造化データは年々増え続ける一方だという。

また、調査会社IDC Japanの2009年8月調べでは、2008年から2013年の5年間、年平均成長率(CAGR)72.3%で増加し、2013年には2008年の約15倍の約3144.6 PB (ペタバイトPetaByte, 2の50乗バイト)になると予想されている

株式会社シマンテック プロダクトマーケティング部 朝倉英夫氏
「企業におけるデータの約95%が非構造化データであり、今後も増え続ける」
株式会社シマンテック
プロダクトマーケティング部 朝倉英夫氏

このような状況の下、導入、運用負荷が低いアプライアンス・ソフトウェアとして提供されるのが、FileStore搭載のスケーラブルなアプライアンスである。

シマンテックのFileStoreは、拡張性、可用性に優れたスケールアウト型NAS制御ソフトウェアで、CFS (Cluster File System)による高可用サービスを実現しながら、フルActive-Activeで現在16ノードまでスケールアウトすることが可能。

富士通株式会社 ストレージシステム事業本部 本部長代理の松島等氏によれば、「大規模向けのNASソリューションではカバーしきれないスケールアウト型の領域を補完することができる」という。

富士通株式会社 ストレージシステム事業本部 本部長代理 松島等氏
「大規模ではカバーしきれないスケールアウト型の領域を補完する」
富士通株式会社
ストレージシステム事業本部 本部長代理 松島等氏

今回の協業では、富士通PCサーバPRIMERGYとストレージシステムETERNUSに搭載する、アプライアンス・ソフトウェアの形で、7月26日より日本の企業、研究所などに提供される予定。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5