SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IT Initiativeスペシャル

経営システム改革の経験を活かすNECのクラウド戦略

NEC 上野勝之氏に聞く

 動き出した国産大手各社のクラウド戦略。なかでもNECは、2008年から実行しているグローバルレベルでの経営改革の経験を、クラウド事業に導入している。ITの標準化とクラウドが、経営改革にいかに活かされているかをNECのサービスプラットフォームシステム開発本部グループマネージャの上野勝之氏に語っていただいた。  

SaaS型、共同センタ型、個別対応型の3つのクラウド戦略を推進

 ― NECのクラウドの定義と特色についてお聞かせください。

 クラウドについて様々な定義がありますが、「ネットワークを介して多様な端末からITを活用する」というシンプルな考え方をNECはとっています。

 ポイントは「クラウドの中に標準化されたITがある」ことで、ここが従来のアウトソーシングと異なる点です。従来のアウトソーシングの場合、お客様が作り込まれたシステムをベンダーが預かり、運用代行をするハウジングやホスティングが一般的でした。一方、クラウドの場合はベンダー側が、形の決まった業務をサービスとして提供することで、コスト削減に加えてクラウドの特長であるスピーディな導入、柔軟性の向上といったあらたな価値を提供できるわけです。

 NECでは企業向けクラウドの特徴を活用してサービス型で提供することを「クラウド指向」と呼んでいます。企業向けシステムのクラウド化を目的とするのではなく、TCO削減とスピードアップと柔軟性の向上を図ることを目的としています。

NEC サービスプラットフォームシステム開発本部グループマネージャ 上野勝之氏
NEC サービスプラットフォームシステム開発本部グループマネージャ 上野勝之氏

 NECの取り組む企業向けクラウドは、グループウエアやSFAなどのフロント業務、会計・人事、生産・販売などのバックオフィス業務などの他、新しい領域としてデジタルサーネージ、RFIDなどの活用領域をクラウドサービスとして提供していく考えです。

 クラウドは、「インターネット環境でシステムを共有」するパブリッククラウド、「イントラネット環境内でシステムを占有」するプライベートクラウドに大別されます。NECの企業向けクラウドサービスとしてはプライベートクラウドで要求される事項を満足できるようにSaaS型に加え、共同センタ型、個別対応型といったより柔軟性のあるサービス提供モデルも用意するという考え方です。

 

次のページ
「集中するデータと分散する運用」への対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
IT Initiativeスペシャル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2412 2010/07/05 13:08

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング