SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Events & Seminars

スマートフォン普及の鍵は「カレーライス化」?~NTTドコモの取り組みと企業クラウド活用

Google Apps Conference 2010


クラウドの価値向上のためには、モバイルとの連携が欠かせない。そのニーズを受け、NTTドコモではGoogle Appsと連携するスマートフォンを多数発売予定だという。その活用により、ワークスタイルがどのように変わるのか。今後のスマートフォン戦略と併せ、株式会社NTTドコモの山本博昭氏が紹介した。

スマートフォンを日本人仕様にカスタマイズ

株式会社NTTドコモ
スマートフォン事業推進室 技術推進
SI技術推進担当課長 山本 博昭氏
株式会社NTTドコモ スマートフォン事業推進室 技術推進 SI技術推進担当課長 山本 博昭氏

 iモードサービスが開始された1999年から、高推移で加入者を増やしてきた携帯電話も、徐々に飽和期を迎えつつある。それに代わって急成長を遂げているのが、スマートフォン市場だ。その内訳を見てみると、iPhone、iPadによる増収が報じられたソフトバンクに対して、NTTドコモは若干遅れたかのような感は否めない。しかし、今後はNTTドコモならではの強みを生かし、猛追が期待できそうだ。

 その1つのカギとなるのが「スマートフォンの洋食化」にあると山本博昭氏は語る。「インドから来たカレーも、日本人に好まれるよう手が加えられ“カレーライス”として愛されている。同じように海外の端末をそのままでは、iモードなど日本独自の優れたサービスを利用することができない。携帯端末もクラウド時代に対応しながら、既存のリソースを活かす方向で考えたい」(山本氏)。

 具体的な取り組みとして山本氏は3つの施策をあげた。第一に端末のラインナップの充実、そして第二にスマートフォンを使いよくするための料金システムの改訂、そして、第三にiモードなど日本独自のサービスを併用できるようにすることである。端末としては、2010年夏モデルとしてMicrosoft Windows Mobile 搭載の「dynapocket T-01B」、SHARP製「LYNX SH-10B」、BlackBerry Bold 9700などが発売されており、さらに秋から冬にかけて6機種が登場の予定。トータルで100万台の販売目標を目標としている。

 そして、スマートフォン向けISP「spモード」として、9月よりiモードのメールアドレスの利用やアクセス制限サービスに加え、そして毎月の携帯使用料金と一緒に支払えるコンテンツ決済サービスも展開予定だという(BlackBerryは11月対応予定)。加えてスマートフォン向けポータルの開設および拡充や料金プランの一本化、おサイフケータイなどiモード上の人気サービスの提供など、スマートフォンの「カレーライス化」のための施策が続々と用意されている。

次のページ
アプリを自分好みに搭載できる拡張性が魅力

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Events & Seminars連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤真美(イトウ マミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2465 2012/09/07 18:27

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング