Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NECとCA、「性能改善ソリューション」を提供

  2010/10/15 18:38

NECは、CA Technologiesと連携して、クラウドサービスやITシステムのサービス品質向上を支援する「性能改善ソリューション」を製品化し、11月より提供を開始する。
 

「性能改善ソリューション」は、NECのWebアプリケーションサーバ「WebOTX ApplicationServer V8.3(WebOTX AS)」と、CA Technologiesが10月に発売した最新アプリケーション性能管理ソフトウェア「CA Introscope 9」を組み合わせて実現したもの。

このソリューションは、Java EEアプリケーションで構築されるITシステムやクラウドサービスの性能を、アプリケーション内部の処理単位で可視化することができ、それにより、性能のボトルネックとなる部分の特定、および改善を効率的に行うことが可能だという。

なお、本ソリューションの製品化に先立ち、米CA Technologiesとの共同検証を行い、WebOTX ASがCA Introscope 9の認証を取得した。これにより、アプリケーション内部の処理単位だけでなく、ITシステムやクラウドサービスを提供する事業者の視点でも性能情報を可視化することが可能になるとしている。

新ソリューションの主な特徴は次の通り。

1. 短期間かつ低コストでの導入が可能
煩雑な初期設定をせずに、WebOTX ASとCA Introscope 9の連携を実現する機能を提供。これにより、導入時の設定作業が大幅に削減され、短期間かつ低コストでシステム性能情報の可視化が可能。

2. 効率的にシステムの性能改善を行うことが可能
CA Introscope 9で可視化した性能情報をもとに、システムの改善点や改善方法などを調査するための「WebOTX性能管理ガイド」を提供。本ガイドを参照することで、CA Introscope 9が検知した性能問題に対して、アプリケーションやWebOTX ASの設定情報のどの部分を改善すべきかを迅速に把握でき、効率的な性能改善が可能。

■新ソリューションの詳細
http://www.nec.co.jp/WebOTX/works/partner_ca_topic.html
 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5