SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Interview

クラウドがもたらす日本のSI市場の構造変化

TIS 内藤稔氏に聞くクラウド時代のSI企業の役割


 日本のIT市場の大きな特長としてSI(システム・インテグレーション)の市場がある。日本の企業のITの導入と構築は、情報システム部門からSI企業に対して発注がおこなわれるという点で、企業内のIT部門の社内開発を主とする米国とは大きく異なる。このSIの市場が、近年のクラウドコンピューティングの影響で、大きな地殻変動を迎えようとしている。SI市場のこれからについて、現場の担当者はどう考えているか。TIS株式会社 IT基盤サービス事業部 IT基盤サービス営業部 主査の内藤稔氏に語っていただいた。

SIの役割はクラウドと従来のシステムを組み合わせること

TIS株式会社IT基盤サービス事業部 IT基盤サービス営業部 主査 内藤 稔氏
TIS株式会社IT基盤サービス事業部 IT基盤サービス営業部 主査 内藤 稔氏

 --この間、SI企業がこぞって「クラウド事業推進」を表明しています。中でも大手企業が中期経営計画の戦略事業としてクラウドを据えていますが、「クラウドで収益向上」という発表を見ると素朴な疑問が生じます。また日本の場合、クラウドの定義も非常に複雑になってきているようで、結局、高コスト体質のままのような印象があります。SI事業者としては、現状のクラウドのビジネスをどのように捉えているのでしょうか?

 内藤 まず従来型ITとクラウドサービスでは大きくビジネスモデルが異なります。従来はSI事業者や販社が、ハード、ソフトのベンダーから仕入れて、システムを構築してユーザーに納品する。これに対してクラウドでは、各種のクラウドサービスをユーザー企業がサービス事業者から提供される。「所有から利用」というITシステム活用のスタイルが異なる点です。

 ここで、SI企業が担うべき役割は、各種のクラウドのサービスの提供だけでなく、クラウドサービスと従来型のSIを組み合わせて提供するという認識です。

 --クラウドサービス事業とSIの複合事業に変わるということですか。

 内藤 クラウドサービスがもたらす俊敏性、経済性、そして従量課金によるコストの柔軟性効果を考えると、これまでのSI市場の一部は徐々にクラウドサービスに置き換わっていくと考えています。

 しかし、単純にSI事業者がサービス事業者に転換するだけではなく、SI事業者ならではの付加価値を出せるのではと考えています。各種クラウドサービスを従来型システムと連携させたり、利用者に合わせたセキュリティ対策を行ったり、不足するサービスレベルを補ったり、長期保有型の従来型SIとクラウドサービスとの最適な利用形態のコンサルティングをおこなったり様々な可能性があると思います。

従来型システムとクラウドサービスの違い
従来型システムとクラウドサービスの違い

次のページ
クラウドのコスト構造と適用領域

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Interview連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2673 2010/11/19 16:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング